ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「別れた妻が犬に会わせてくれなくて、強い精神的苦痛を感じている」との男性の訴えが高等裁判所で認められた。「州知事の法的特権」に関する決定を下した高裁の判事が、大真面目に「ペットは、民法上は『家畜』の区別に入り、離婚の際の所有権、優先権の対象となる」とか、「ペットへの愛情は立派に法廷で扱われるべき事柄」などと議論したそうだ。これで男性は週末や祝日、年末年始には愛犬に会わせてもらえ、獣医に連れて行く事もできるとか。
     ◎
 コスタリカ戦で勝利を収め、ホットひと息のブブラジル。ロシアでは、「58年はペレ、62年はガリンシャ、70年はスター軍団、94年はロマーリオ、2002年はロナウド。俺たちゃ世界唯一のW杯優勝5回」と歌う応援歌が流行っているとか。ファンが大合唱する動画は一気に広まり、早速、大手TV局も便乗している。今大会でも優勝し、「18年はネイマール」の歌詞も加えられるだろうか?
     ◎
 サンパウロ市はホームレスの人向けの一時宿泊施設(CTA)の存在をより多くの路上生活者に知らせ、「施設には飼い犬を連れてきてもよい。犬がいるからといってCTAに来る事をためらわないで」と伝えるため、CTAの近くにある橋の裏側にグラフィックアートの告知を出した。「彼らにどうして宿泊施設の事を知らせる? そうだ! 彼らはよく橋の下に寝泊りしている。橋げたの裏に絵を描こう!」とのCMも映画館で流れている。この手法はフランスの国際広告コンペで賞もとったとか。冬に入り、寒空の下で凍え死ぬ人が少しでも減るとよいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代2020年9月18日 《記者コラム》2030年サッカーW杯まで安心なブラジル新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]