ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ロシアW杯もいよいよ終盤で、14日午前11時からの3位決定戦(ベルギー対イングランド戦)、15日正午からの決勝戦(フランス対クロアチア戦)で終了する。サンパウロ市では、ベルギー、イングランド、クロアチア、フランスのファンが集るイベントも開催される。ベルギー応援にはフェレイラ・デ・アラウージョ街589番のDelirium Café、イングランド応援にはマヌエル・ゲデス街243番のCamden House、フランス応援にはフラジケ・コウチーニョ街179番のRendez-Vous、クロアチア応援にはトビーアス・バレット街454番のSociedade Amigos da Dalmaciaがお勧め。試合日と時間を間違えないように。
     ◎
 6月20日付本紙は、「ブラジル株7万ポイント(P)前後でもみ合い」と報じたが、サンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は、6月27日に7万609・00Pを記録して以来、7月12日までの10営業日中7回、前日比上昇を記録。12日の終値は7万5856・22Pと、7万5千Pを超えるまでに回復してきた。13日午後5時の値も7万6598・87Pで、6月27日からの上昇率は8・48%だ。
     ◎
 ロライマ州で暮らすベネズエラ人女性(32)が、バクテリア性の脳脊髄膜炎にかかった。耳からバクテリアが入り、神経系を冒して、脳脊髄膜炎発症に至ったという。脳脊髄膜炎は人から人へと感染する病気ではないので、一概に「ベネズエラ人難民の衛生状態が劣悪」とは言えないが、昨年も同州で確認された23人の脳脊髄膜炎患者の内、2人がベネズエラ人で、16年は14人中3人がベネズエラ人だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月14日 東西南北  12日はブラジルの守護神「聖母アパレシーダの日」だった。例年のごとく、今年もサンパウロ州東部アパレシーダ大聖堂にあるノッサ・セニョーラ像に今年も多くの信者、公式発表によると15万人がつめかけた。今年は特に失業率が高かったことから、身内の再就職が実現することを願う人が多かったと […]
  • 東西南北2018年6月29日 東西南北  27日の一次リーグ最終戦で、ブラジル代表のW杯決勝トーナメント進出が決まった。第1戦の対メキシコ戦は7月2日(月)の11時からのため、銀行は午前8時半から10時半までと、午後2時から4時までの4時間営業となる。その他の機関やスーパー、商店も営業時間や対応時間が変わる可能性が高 […]
  • 東西南北2016年6月11日 東西南北  急な冷え込みで、聖市でもここ数日、寒波のニュースや映像が毎日のように入ってくる。北部サンターナの観測所では10日未明、今年に入って最も低い5・5度を記録した。それと同じ頃、東部の地下鉄ベレン駅で路上生活者が遺体となって発見された。死亡したのはパラナ州出身のジョアン・カルロス・ […]
  • 東西南北2015年10月15日 東西南北  13日に行われたロシアW杯予選第2節ベネズエラ戦を3―1で勝利し、ひとまずほっとひと息のセレソンだったが、お隣のライバル、アルゼンチンは散々なスタートを切った。開幕戦はホームでのエクアドル戦を0―2で落とし、第2節アウェイパラグアイ戦は0―0で引き分けた。他の南米予選第2節の […]
  • 東西南北2013年9月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年9月12日  カルドーゾ元大統領が10日、ブラジル文学アカデミー(ABL)の終身会員に就任した。同氏の就任は、6月の選挙で39人中34票を獲得して決まっていた。約40年に渡り24冊の本を執筆してきたカルドーゾ氏は、会員の証である金の刺繍をあしらった深緑の […]