ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 約1カ月にわたってロシアで行われたサッカーのW杯は15日に決勝が行われ、フランスが栄冠に輝いた。ブラジル代表(セレソン)は16年ぶりの王座奪還を狙ったが、それは最低でも4年はお預けとなった。ただ、ブラジルのサッカー界は年中忙しく、W杯の余韻に浸っている暇もないまま、早速試合が再開された。昨日16日にはブラジル杯の準々決勝の内2試合が行われ、明日18日には全国選手権も再開する。「セレソンよりおらが街のチーム」の方が好きな人も少なくないから、こちらを待っていた人もいるだろう。国内の期待される若手選手の活躍を見ながら、来るべき4年後を想像するのもいいだろう。
     ◎
 W杯が終われば、次の国民の関心は10月の大統領選挙。だが、今年は7月の半ばになってもまだ、「副候補が決まらない」「連立政党が決まらない」など、例年になくドタバタの様相が強い。あと1カ月ほどすれば、立候補者の選挙放送もはじまるが、各自の持ち時間は一体どのようになるのか。また、それ以前に、現在逮捕中のルーラ氏が今回の大統領選に出馬できるか否かが決まるのはいつなのか。予断を許さないところだ。
     ◎
 また、このところの少雨で、サンパウロ大都市圏の水不足もそろそろ気になるところ。とは言っても、現在は年内で最も雨が降らない時期なので、各水系の水位アップは期待できない。むしろ、どのくらい乾燥するかが気になるところだ。内陸部では湿度20%との報もある中、サンパウロ市では向こう1週間は雨が降らず、温暖な日々が続くとか。このように乾燥するときは風邪をひきやすいのでご注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ドトールソクラテス死去=サッカー史上に残る知性派2011年12月6日 ドトールソクラテス死去=サッカー史上に残る知性派 ニッケイ新聞 2011年12月6日付け  1980年代のブラジルサッカー界を代表し、世界サッカー史上でもまれな知性派プレイヤーとして知られるソクラテスが4日未明、腸内感染症による敗血症のために57歳で亡くなった。5日付伯字紙が報じた。 […]
  • コリンチアンス100周年=サンパウロ市でファン11万人集う=大衆の人気を集めて発展=W杯への新球場拡大に課題も2010年9月2日 コリンチアンス100周年=サンパウロ市でファン11万人集う=大衆の人気を集めて発展=W杯への新球場拡大に課題も ニッケイ新聞 2010年9月2日付け […]
  • 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか2010年6月26日 日本移民の日 特集=サッカーW杯とナショナリズム=ブラジルの歴史探訪=なぜ国技になったのか ニッケイ新聞 2010年6月26日付け  「ブラジル人はW杯の時だけ愛国者だが、ドイツ人はサッカーでしか愛国心を公にできない」という有名な言葉がある。これはサッカーとナショナリズム(国粋主義)の緊密な関係を端的に示した言葉だ。その意味で、日本の日本人はドイツ人に近いが、日 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]