ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》知事選最有力2候補が出馬表明=ドリアは反ルーラ訴える=スカッフィはテメルに触れず=予想される16年ぶりの接戦

《サンパウロ州》知事選最有力2候補が出馬表明=ドリアは反ルーラ訴える=スカッフィはテメルに触れず=予想される16年ぶりの接戦

ドリア氏(Clóvis Miranda-SECOM Marcello)とスカッフィ氏(Casal Jr./Agência Brasil)

ドリア氏(Clóvis Miranda-SECOM Marcello)とスカッフィ氏(Casal Jr./Agência Brasil)

 28日、サンパウロ州知事選で現在1、2位を争っているジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)とパウロ・スカッフィ氏(民主運動・MDB)が、サンパウロ市で出馬表明を行った。29日付現地紙が報じている。

 公約を守らず、サンパウロ市市長を1年3カ月で辞任したため、サンパウロ市民からの拒絶率が高くなっているドリア氏。今回も、16年の同市市長選で行ったと同様のルーラ元大統領と労働者党(PT)に対する強い批判を行い、存在をアピールしている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ