ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 先月22日、パラナ州で弁護士の妻タチアネ・スピッツネルさんを殺害した容疑で逮捕された、夫で教員のルイス・フェリペ・マンヴァイレル容疑者に対する起訴状を、同州地裁が受理、同容疑者は被告となった。同容疑者はタチアネさんが4階から落ちた後、遺体を自宅まで運んでから逃亡したが、事故を起こして逮捕されていた。事件直前から、駐車場やエレベーターの中でタチアネさんに暴力を振るっていた様子を映した防犯カメラの映像がテレビやネットを通じて、全国、あるいは国外にまで流れ、話題を呼んでいた。一方、そんな現実とは全く対照的で裕福な暮らしを楽しむ、仲睦ましい頃の二人の写真も出回り、彼らの人生の「光と闇」もあぶりだされた。
     ◎
 2003年に両親を計画的に殺害して社会を騒がし、39年の実刑判決を受けたスザーネ・ヴォン・リシュトフェン受刑囚が9日、父の日で仮釈放された。同受刑囚は模範囚で、既に昼間外出が認められる受刑形態で、あと約1年すれば自宅受刑に切り替わる。その刑期軽減の早さや両親を殺しておいて父の日に仮釈放というのもかなりの違和感があるが、彼女の事件は映画化の噂も。一体どうなっているのか。
     ◎
 8日のサッカーのリベルタドーレス杯。コリンチャンスはチリでのコロコロ戦を0―1で落とした。さらにフラメンゴはブラジル対決となった、本拠地マラカナンでのクルゼイロ戦で0―2と完敗。共に良いところなく敗れた。両チーム共に、2戦目で挽回するチャンスは残っているが、立場は苦しい。これだからトーナメントはわからない。

image_print

こちらの記事もどうぞ