ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領選もそろそろ本格的になりつつある昨今だが、調査団体CNT/MDAが発表した最新世論調査だと、ルーラ氏の支持率が37・3%で、2位のジャイール・ボウソナロ氏の18・8%に倍近い大差をつけて1位となった。これはルーラ氏の出馬登録が行われた直後のアンケートだったことが大きく、同団体の前回の調査よりも5ポイントも上がっていた。ルーラ氏の出馬の可否はまだ不明だし、ボウソナロ氏の放送時間はほとんどないが、政見放送開始前の段階では、これが世間の支持率の現状のようだ。9月になったら、支持率は果たしてどうなるのか。このままで終わるとはとても思えないが。

     ◎

 16日夜、サンパウロ市南部ジャルジン・サンルイスで、私服の29歳の軍警が車を運転中、2人組に強盗を予告されるが、銃で応対したため、銃撃戦に発展。強盗の1人は死亡し、もうひとりは逃げたが、警察に御用となった。軍警は背中を撃たれたが、車で病院に直行して手術を受けて無事だった。ただ、ここで問題になるのは、軍警がアプリ・サービスのタクシーを運転中だったこと。現在、警察は、この軍警の副業の疑いを調査中だ。

     ◎

 18日未明、大サンパウロ市圏グアルーリョスで18歳の少年の運転する車がトラックに激突。乗車していた、いずれも16~18歳の少年4人と少女1人が死亡した。この車は午前4時30分頃、オタヴィオ・ブラガ・デ・メスキータ大通りを時速160キロにも達する猛スピードで走っていたが、コントロールを失って、反対車線に飛び込み、向かってきたトラックに衝突したという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下2017年5月24日 サンパウロ州連邦地裁=「就任中の贈物は国の財産」=ルーラ元大統領の主張を却下  サンパウロ州サンベルナルド・ド・カンポ市の連邦地裁判事が17日、大統領が任期中に外国高官から受け取ったプレゼントは国の財産と見なす判決を下した。  同地裁の判断は、ルーラ元大統領が任期中に他国の首脳や他国の政府要人から受け取った贈物は個人の所有物のはずだと訴えていた件に関し […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに2017年5月23日 《ブラジル》JBS供述後、PSBが連立離脱表明=PSDBなどは当面連立に留まる=重要法案の審議はいかに  【既報関連】食肉大手のJBS社主のジョエズレイ・バチスタ容疑者ら同社幹部7人の報奨付供述で、テメル大統領(民主運動党・PMDB)やアエシオ・ネーヴェス上議(民主社会党・PSDB、停職中)らへの疑惑が噴き出し、社会党(PSB)が連立離脱を決めたが、PSDBや民主党(DE […]
  • 東西南北2018年9月4日 東西南北  1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやは […]
  • 東西南北2018年9月1日 東西南北  統一選挙恒例の政見放送がはじまり、ようやく「選挙到来」の気分が高まりはじめた。8月31日午後は、高等選挙裁判所でルーラ氏が一体どのような処遇をされるのかに注目が集まった。本稿を書いている午後3時時点では結果は出ていないが、いずれにせよ、今日はその結果を巡り、国民が大きな反応を […]