ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 統一選挙恒例の政見放送がはじまり、ようやく「選挙到来」の気分が高まりはじめた。8月31日午後は、高等選挙裁判所でルーラ氏が一体どのような処遇をされるのかに注目が集まった。本稿を書いている午後3時時点では結果は出ていないが、いずれにせよ、今日はその結果を巡り、国民が大きな反応を示すことは必至だ。今後の大統領選の行方もこの結果次第で大きく変わってくるだけに、気にせずにはいられない。さらに出馬無効の場合は、ハダジ氏との候補切り替えが果たしていつになるのか。ひとつひとつの事柄の持つ意味が僅かなタイミングで変わってくるだけに、例年になくスリリングな選挙でもある。

     ◎

 8月30日のサッカーのリベルタドーレス杯。パルメイラスは、サンパウロ市アリアンツ・パルケでの対セーロ・ポルテーニョ戦で、前半開始早々にフェリペ・メロ、後半の試合終了直前にダイヴァーソンがレッド・カードで退場処分という荒れる試合を行った末、0―1で敗れた。だが、同カード第1試合を2―0で制していたため、準々決勝に進出した。それにしても、「闘犬」ことフェリペ・メロの退場処分は日常茶飯事。かつてのセレソン選手も起用が難しい。

     ◎

 8月のサンパウロ州6大水系への降水量は、平年の2倍以上降ったカンタレイラ水系をはじめ、ほとんどで同月の平均降水量を超えた。だが、1年で最も雨の少ない月故、水位回復にはつながらず、月末のカンタレイラの水位は37・0%、アウト・チエテも50%を切った。他も50%台がほとんどだ。雨の戻る9月以降の降水量に期待したいが。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、聖市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジ聖市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及んだ。これを作っ […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2016年11月5日 東西南北  本日報じた、3日に行われた最高裁での大統領の代行権所有者の処遇に関する判事投票の際、最高裁の外では、レナン・カリェイロス上院議長に対する抗議運動が行われた。中でも注目されたのは、囚人服を着たレナン議長の巨大なインフレータブル(空気)人形で、最高裁の屋上がへその部分にあたるとい […]
  • 東西南北2016年9月16日 東西南北  ルーラ元大統領が連邦検察庁から起訴されたニュースは世界中に打電され、大きな衝撃を呼んでいる。ジウマ前大統領の罷免が決まった際、左翼政権の国々の首脳はこれを「クーデター」と呼んで批判したが、今回の件が起こっても、「左翼政党が罠にはめられている」として批判し続けるのだろうか。いず […]
  • 東西南北2016年7月19日 東西南北  本日付の記事にもあるように、経済見通しの好転を背景に、国民の半分がミシェル・テメル大統領代行の続投を望んでいることが明らかになった。奇しくもテメル政権で財相をつとめているエンリケ・メイレレス氏は、ルーラ元大統領がかねてからジウマ大統領に起用を薦めていたにも関わらず、ジウマ氏が […]