ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやはり目立つし、短時間で反ルーラを訴えたアルヴァロ氏も印象的だった。逆に、これまでは種々の発言で話題を集めたボウソナロ氏やシロ氏は短時間ということもあり、話題作りとまでは行かなかった。今回の選挙はネット戦でも話題だが、現時点では企業家出身の新人候補アモエド氏がかなりの人気を呼び始めているとか。これらは今後どうなるか。

     ◎

 2日夜に発生したリオの国立博物館の火災は、国際的な惨事として話題を呼んだが、とりわけブラジル国民のショックは大きなものだった。これに関するネットでの報道に対して行われた書き込みも、ひたすら悲しむものが多い。時節柄、これを特定の政府や政治家のせいにして大統領選を煽ろうとするものもないではないが、それも今ひとつ盛り上がらない。今はただ、帝国としての独立よりも、歴史のある「ふるさと」のような博物館をそっと悼みたいところか。

     ◎

 2日のサッカーの全国選手権。首位サンパウロは本拠地モルンビでのフルミネンセ戦で、ベテランのエース、ジエゴ・ソウザが退場になるピンチを迎えるも、粘り強く戦い、1―1で引き分け。だが、2位のインテルナシオナルもクルゼイロと0―0で引き分けたため、依然、首位安泰。勝ち点差も3のままだ。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]
  • 東西南北2014年11月5日 東西南北  3日午後、先週から言われていた「今週は天候が崩れる」との天気予報どおり、大聖市圏に強い雨が降り、冠水被害などが見られた。降ったのは聖市北部や同東部より北の地域で、聖市中央部から南部では夕方以降に霧雨程度という不思議な雨の降り方ではあったが、それでもCPTM7号線が止まり、 […]
  • 東西南北2016年10月28日 東西南北  27日、ルーラ元大統領が71回目の誕生日を迎えた。ただ、今回の誕生日ほど、同氏がつらい状況に置かれた年もないのではないだろうか。愛弟子のジウマ大統領は罷免を受け、統一地方選でPTが惨敗。さらに自身も三つの案件で告発されて被告となり、さらにはかねてから疑惑視されていたオデブレヒ […]
  • 東西南北2018年1月25日 東西南北  24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17 […]
  • 東西南北2017年2月3日 東西南北  ルーラ元大統領夫人のマリーザ氏が亡くなったが、これで予想されるのは「PT(労働者党)の逆襲」だろう。彼らからしたら「マリーザ氏が亡くなったのは、自分自身も被告になったラヴァ・ジャットのせいだ」で、同作戦に対する敵意と対抗姿勢を強めていくだろう。とりわけ、ルーラ氏は「マリーザの […]