fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやはり目立つし、短時間で反ルーラを訴えたアルヴァロ氏も印象的だった。逆に、これまでは種々の発言で話題を集めたボルソナロ氏やシロ氏は短時間ということもあり、話題作りとまでは行かなかった。今回の選挙はネット戦でも話題だが、現時点では企業家出身の新人候補アモエド氏がかなりの人気を呼び始めているとか。これらは今後どうなるか。

     ◎

 2日夜に発生したリオの国立博物館の火災は、国際的な惨事として話題を呼んだが、とりわけブラジル国民のショックは大きなものだった。これに関するネットでの報道に対して行われた書き込みも、ひたすら悲しむものが多い。時節柄、これを特定の政府や政治家のせいにして大統領選を煽ろうとするものもないではないが、それも今ひとつ盛り上がらない。今はただ、帝国としての独立よりも、歴史のある「ふるさと」のような博物館をそっと悼みたいところか。

     ◎

 2日のサッカーの全国選手権。首位サンパウロは本拠地モルンビでのフルミネンセ戦で、ベテランのエース、ジエゴ・ソウザが退場になるピンチを迎えるも、粘り強く戦い、1―1で引き分け。だが、2位のインテルナシオナルもクルゼイロと0―0で引き分けたため、依然、首位安泰。勝ち点差も3のままだ。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 東西南北2018年10月16日 東西南北  民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボルソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のため […]
  • 「樹海」拡大版=ボルソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場2018年10月16日 「樹海」拡大版=ボルソナロという虚像=デジタル空間に移った選挙活動の主戦場  今選挙の特徴の一つは、前回までは道端にあふれていた候補者のサンチーニョ(ビラ)を配ったり、候補者の応援旗を振ったりする人がほぼいなかった点だ。にも関わらず、「ボルソナロ効果」が起きて、政治地図が大激変した。これが意味するのは、「宣伝活動の主戦場が道端という実際の空間か […]