ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院に入院中の大統領候補ジャイール・ボルソナロ氏は16日、経過良好につき、集中治療室から別の病室への移動が許可された。同氏は院内を歩くなど、理学療法も行っており、16日にはその姿が動画によって公開された。ボルソナロ氏はさらにメッセージ・ビデオも公開し、そこで「一次投票で不正が行われないか心配だ」と語った。これに対し、最高裁長官に就任したばかりのディアス・トフォリ氏が17日、今年の大統領選は例年通り、電子投票で行うとした。この表明の際、同長官は「ボルソナロ氏がこれまで下院議員で当選してきたのと同じやり方だ」と発言し、話題も呼んだ。
     ◎
 15日、歌手やベストセラー作家としても有名なカトリックのマルセロ・ロッシ神父が、同氏の名前で流された「ボルソナロ氏を大統領候補として支持する」という音声データは捏造された虚偽のものだと抗議した。また、15日夜には、フェイスブック上の「ボルソナロ氏に反対する女性の会」のページがハッキングに遭い、「ボルソナロ氏を支持する女性の会」に差し替えられる事態が起きた。同サイトは既に復旧している。
     ◎
 16日、ベロ・オリゾンテで行われたサッカーのクルゼイロ対アトレチコ・ミネイロ戦で、ミネイロ・ファンが試合中に「クルゼイロ・ファンたちよ、気をつけろ。ボルソナロがおまえら、オカマを殺しに行くぞ」の大合唱を行った。これを受け、アトレチコ・ミネイロの代表は、「チームの歴史に傷をつける発言を行い、遺憾だ」との声明を発表している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 東西南北2018年9月29日 東西南北  本日付で報じているヴェージャ誌のボルソナロ氏のスクープは強い波紋を投げかけている。同氏は「汚職をしない」というイメージを売りにしていたため、影響は決して小さくはないだろう。ヴェージャ誌といえば、2014年の大統領選直前には、「ルーラ氏はラヴァ・ジャットの汚職を知っていた」とい […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2018年9月22日 東西南北  21日、ジャイール・ボルソナロ氏は入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院からビデオ・メッセージを送り、「体調はかなり良くなった。今月中には退院できそうだ」と語った。今はちょうど、本日付で報じたように、同氏の経済スタッフのパウロ・ゲデス氏のCPMF再導入の疑惑によ […]
  • 東西南北2018年9月4日 東西南北  1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやは […]