ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 18日付フォーリャ紙によると、若者の政治意識が強くなっているという。ダッタフォーリャが行った最新調査では、16~25歳の若者たちの内、「いつか選挙に出てみたい」と答えた人が29%に上ったという。同じ質問を25~40歳にした場合に出馬意欲を見せたのは19%のみで、41歳以上だと15%に落ちるという。この結果に対し、サンパウロ連邦大学のエステル・ソラーノ教授は、「現在は世界的に民主主義が危機に晒されているため、若者たちに政治参加を望む気持ちが強くなっている」と分析している。こうした若者の気持ちが、ブラジルの将来をよい方向に導いてくれると嬉しいが。
     ◎
 14日、サンパウロ州内陸部のヴィラコッポス空港で、赤道ギニアのテオドロ・オビアン・マング副大統領がカバンに入れて持ち込んだ現金(160万ドルと5万5千レアル)、高級腕時計約20個(1500万ドル相当)が押収された。同副大統領は、ブラジルには持病の治療で訪れているが、その後に公務でシンガポールに行く用があるといい、この押収に強く憤慨している。仮にそうだとしても、なぜ周囲に怪しまれるような多額の現金を、外国に持ち込む必要があったのか。気になるところだ。
     ◎
 暦の上では今週の土曜22日から春になる。予報だと、冬の終わりのサンパウロ市は気温が上がり、日中で26~28度、朝方も16~17度になるという。その代わり、にわか雨が降りやすくなるようだ。こういう話を聞くと、いよいよサンパウロ市も雨季到来と感じる。カンタレイラ水系の水不足を解消するくらい降ってほしいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月1日 東西南北  今日1日から連邦議会が再開。政界の1年が本格的にはじまるが、ボルソナロ大統領の長男のフラヴィオ氏も上院議員としての職につく。リオ州議員時代の幽霊職員採用並びに元運転手ケイロス氏への多額の支払や、リオの民兵犯罪組織(ミリシア)との関わりなどへの疑惑が持たれている中、「上議辞退」 […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 東西南北2018年12月28日 東西南北  暑い真っ只中に入った年末のブラジル。この季節は毎年、疾病が気になるところだが、26日付現地紙によると、サンパウロ州では2018年に73人がH1N1型のインフルエンザで命を落としたという。流行した2016年こそ153人の死者を出したが、17年にはわずか1人に落ちていただけに、再 […]
  • 東西南北2018年12月19日 東西南北  サンパウロ大都市圏オザスコの連邦地裁は17日、次期サンパウロ州選出下議のアレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)に対し、リオ選出下議のジャン・ウイリス氏(社会主義自由党・PSOL)に29万5千レアルの罰金を支払うよう命じた。それは、フロッタ氏がウイリス氏は「小児性愛 […]
  • 東西南北2018年12月18日 東西南北  今年、続々と新駅が出来て話題となったサンパウロ市地下鉄。人々の生活はすごく便利になったが、問題も少なくない。まず、1号線と2号線に連結されて人気がとみに高まっている5号線は、カルテルで企業体役員13人が断罪された。そのせいか、9月末にオープンして以来、未だに、サンタクルス駅に […]