ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 18日付フォーリャ紙によると、若者の政治意識が強くなっているという。ダッタフォーリャが行った最新調査では、16~25歳の若者たちの内、「いつか選挙に出てみたい」と答えた人が29%に上ったという。同じ質問を25~40歳にした場合に出馬意欲を見せたのは19%のみで、41歳以上だと15%に落ちるという。この結果に対し、サンパウロ連邦大学のエステル・ソラーノ教授は、「現在は世界的に民主主義が危機に晒されているため、若者たちに政治参加を望む気持ちが強くなっている」と分析している。こうした若者の気持ちが、ブラジルの将来をよい方向に導いてくれると嬉しいが。
     ◎
 14日、サンパウロ州内陸部のヴィラコッポス空港で、赤道ギニアのテオドロ・オビアン・マング副大統領がカバンに入れて持ち込んだ現金(160万ドルと5万5千レアル)、高級腕時計約20個(1500万ドル相当)が押収された。同副大統領は、ブラジルには持病の治療で訪れているが、その後に公務でシンガポールに行く用があるといい、この押収に強く憤慨している。仮にそうだとしても、なぜ周囲に怪しまれるような多額の現金を、外国に持ち込む必要があったのか。気になるところだ。
     ◎
 暦の上では今週の土曜22日から春になる。予報だと、冬の終わりのサンパウロ市は気温が上がり、日中で26~28度、朝方も16~17度になるという。その代わり、にわか雨が降りやすくなるようだ。こういう話を聞くと、いよいよサンパウロ市も雨季到来と感じる。カンタレイラ水系の水不足を解消するくらい降ってほしいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月19日 東西南北  本日付で報じたボウソナロ大統領の長男フラヴィオ氏が行ったケイロス氏への捜査差止請求問題は、これまでどんなにネガティヴな報道があっても動じなかった強固なボウソナロ一族支持者たちを、はじめてと言っていいほど強く動揺させている。これまでも、前妻との裁判記録で明かされた父ボウソナロ氏 […]
  • 東西南北2019年1月17日 東西南北  昨日の話題は、本面でも報じている、ボウソナロ大統領が出した銃規制緩和の大統領令一色となっている。国民の間で議論が尽きない話題ではあるが、それとは関係なしに気になったのが、大統領が同令に署名する際に使ったボールペンだ。これは「BIC」社のもので、国内であればどこの文房具店でもか […]
  • 東西南北2019年1月18日 東西南北  15日夜、リオ西部バーラ・デ・グアラチーバの雑貨店が強盗に襲われ、経営者の母親を助けようとしたマテウス・ドス・サントス・レッサさん(22)が射殺される事件が起きた。この日の午後7時30分頃、武装した強盗が店に押し入ってレジの金を盗み、さらに金を要求してようとして脅した。マテウ […]
  • 東西南北2019年1月15日 東西南北  ボウソナロ大統領の長男でリオ州議のフラヴィオ氏(2月から上議)の「疑惑の職員」と騒がれている、ファブリシオ・デ・ケイロス氏はつい先日、癌の手術で入院していたサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院を退院した。だが、その直後に、入院中に妻や娘たちと元気にサンバを踊っていた動 […]
  • 東西南北2019年1月16日 東西南北  米国のトランプ大統領が14日、ボウソナロ大統領をほめた。トランプ氏はニュー・オーリーンズでの全米農業機構会議での演説で、「03年のブラジルとの貿易関係活性化以来、初めて、ブラジルに牛肉が売れた。あの国には今、いい大統領がいる。なんでもあの国の人々は彼を〃南米のトランプ〃と呼ん […]