ホーム | 日系社会ニュース | JICA=前田理事がUSPで講演=途上国に寄り添う法整備支援

JICA=前田理事がUSPで講演=途上国に寄り添う法整備支援

講演した前田理事

講演した前田理事

 国際協力機構(JICA)の前田秀理事は、講演「JICAの開発途上国における法整備支援」を9月23日正午から、サンパウロ州立総合大学法学部で行ない、同学や日系社会関係者ら約50人が聴講した。
 法制度は国家発展の礎であり、国連ミレニアム開発目標においてもグッド・ガバナンス(良い統治)の必要性が謳われるなど、途上国の開発課題解決のための重要な基盤として認識されている。
 明治維新により欧州法を導入して近代法を確立し、社会や文化、既存制度に適合するように発展させてきた経験と知識を活かし、法整備支援を通じた途上国の発展を後押しするのが、同機構の事業の一つとなっている。
 講演では、法整備支援の枠組みについて説明した上、これまでの支援の実例につき紹介された。
 ポル・ポト政権下で国民の約3割が大量虐殺された紛争終結後のカンポジア支援では、「知識人は虐殺され、法曹関係者は指折り数えるほどだった。法律文献もなく、クメール語での法律用語作成から始めなければならなかった」と話す。
 96年に支援が着手され、99年から民法・民事訴訟法起草支援を開始。その結果、06年に民事訴訟法、07年に民法が制定された。同国への法整備支援は現在も続けられており、法運用の基盤作りを目指したプロジェクトが22年まで行われる見通し。
 その他、民事法以外でも、競争法、知的財産法、税制、関税等の分野で、東南アジアを中心に支援が行われている。
 前田理事は「その国の自立性を尊重し寄り添いながら、対話を通じてその国に相応しい法制度を整えてゆく。育成された人材を核として、次世代を育ててゆく体制を今後も支援してゆきたい」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄2021年2月27日 《ブラジル》1・3トンの大麻を押収=車両検査に同伴の犬大手柄  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州の州道40号線で24日、犬のお手柄でトラックの車体に隠された大麻1・3トンが押収されるという事件があった。  連邦警察と軍警が共同で行っていた車両検査で引っ掛かったのは、40歳の男性が運転していたトラックだ。最初の検査では […]
  • 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル2021年2月27日 《ブラジル》サッカー全国選手権 フラメンゴが2年連続V=判定に泣いた2位インテル  25日、サッカーの全国選手権の最終節が行われ、フラメンゴが2年連続7回目の優勝を飾った。26日付現地紙が報じている。  この日は同選手権最終節のため、例年通り、全10試合が同時刻に一斉スタート。21時30分にキックオフした。  優勝がかかっていた首位フラメンゴはこ […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も2021年2月27日 援協=リ医療センターで会員約半額に=3月から価格表1を特別適用=60歳以上や県人会会員も  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田清七会長)は1月28日9時半にリベルダーデ区の本部5階で「一月定例会議」を開催し、3月から会員にも「価格表1」を適用することを決め、リベルダーデ医療センターでの対応に限って診察料や検査代を半額程度で対応することになった。検査によって料 […]