fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州サントス=木工所の火災で有毒ガス=98人に被害、住民も退避

サンパウロ州サントス=木工所の火災で有毒ガス=98人に被害、住民も退避

有毒ガスの被害者が98人に増えた事を伝える9日付G1サイトの記事の一部

有毒ガスの被害者が98人に増えた事を伝える9日付G1サイトの記事の一部

 8日未明、サンパウロ州サントス市パケター区の木工所の倉庫で火災が起き、消防が鎮火したが、その際に大量の有毒ガスが発生し、消防士らが入院などを余儀なくされた他、地域の住民にも退避命令が出たと8、9日付伯字紙、サイトが報じた。
 火災発生は午前1時頃で、消火作業の途中で倉庫奥に保管されていたリン化アルミニウムが水と反応、ホスフィンと呼ばれる有毒なリン化水素が発生した。9日朝の報道によれば、消防士ら、少なくとも98人が病院に運ばれたという。
 リン化水素は殺虫剤の成分としても使われ、木工所も、輸出用の製品に虫がつくのを避けるためにリン化アルミニウムを保管していたが、この物質を使った作業の許可は得ておらず、2トン(一部報道では3トン)のリン化アルミニウムが違法かつ不適切な状態で保管されていたという。
 この物質の存在を知らなかった消防は、通常通りに水を使って消火活動を行ったため、有毒ガスが発生。中毒症状を起こした消防士や警官、市警備隊員ら30人以上がサンパウロ市のクリニカス病院に運ばれたが、同日中に退院許可が出た。
 また、退避命令が出た地域住民も、用意されたバスで市内のサンタカーザ病院に運ばれ、診察を受けた。病院によると、大半は軽症だった。
 化学物質の存在判明は午前4時過ぎで、環境浄化技術公社(Cetesb)や国立再生可能天然資源・環境院にも通報され、職員が派遣された。化学物質の隔離作業は市防災局職員が行った。
 リン化水素は皮膚や気管支の炎症、肝臓障害などを引き起こす。症状は48時間以内に出るとされているが、住民には8日夜、帰宅許可が出た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]