ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ

《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ

 サンパウロ水道局(SABESP)が2020年までに、マルジナル・チエテの下に全長7・5キロに及ぶ下水道を完成させる予定であることが明らかになった。10日付現地紙が報じている。
 このトンネルは、マルジナル・チエテの地下18メートルの所に造られており、現在は12時間で1メートルという、ゆっくりとしたペースで工事が進んでいる。
 このトンネルは、チエテ川の浄化対策の一環として造られており、市南部のジャルジン・ズオロジコからセントロ(中央部)にかけての地域に住む住民200万人分の下水が流れ込むように計画されている。
 これらの地域の下水は現在、タマンドゥアテイ川の下に設けた下水道を通り、チエテ川の近くでマルケス・デ・サンヴィセンテ大通りの下に設けた下水道に入った後、大サンパウロ市圏のバルエリにある処理場に運ばれている。
 だが、現在工事中のトンネルは既存の下水道より内径が大きく、先の地域の下水の大半を受け入れるようになるため、マルケス・デ・サンヴィセンテ大通りの下の下水道の負荷が大幅に軽減される。新トンネルに流れ込む下水も、バルエリの処理場に運ばれて処理される予定だ。
 なお、SABESPでは、マルジナル・チエテの地下のトンネル以外にも、もう少し規模の小さなトンネルを造り、セントロの下水網を整備する意向だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • ロナウジーニョ、結局逮捕=偽造パスポート使用で2020年3月10日 ロナウジーニョ、結局逮捕=偽造パスポート使用で  ブラジルのサッカー史を代表する名選手として知られたロナウジーニョ・ガウッショが6日夜、偽造パスポートの使用で実兄と共にパラグアイの首都アスンシオンで逮捕された。7日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  ロナウジーニョとマネージャーの兄アシス氏は4日、パラグアイ発行で、本 […]
  • 本田のブラジル・デビュー、おあずけ=風邪で体調崩し、練習休む2020年3月10日 本田のブラジル・デビュー、おあずけ=風邪で体調崩し、練習休む  本田圭佑(ボタフォゴ)のブラジル移籍後初の試合が、本人の発熱のために延期されることになった。  本田は当初、本拠地のニウトン・サントス・スタジアムで10日に行われるブラジル杯、対パラナー戦に出場する予定だった。  だが、週末に発熱し、トレーニングへの参加も2度取りやめた。 […]
  • 《ブラジル》新型コロナウイルス検査体制を確立中=検査キット配布、トレーニングも開始2020年3月5日 《ブラジル》新型コロナウイルス検査体制を確立中=検査キット配布、トレーニングも開始  リオ市にある、保健省管轄の研究機関、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)は4日、各州で新型コロナウイルス(COVID―19)の検査を担当する研究所向けの診断キットの配布を始めた。  ブラジルではこれまで、コロナウイルスへの感染の有無の検査は、Fiocruzと、サンパウロ […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]