ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ

《サンパウロ州》水道局が幹線道路の地下に大型トンネル=チエテ川への下水流入回避へ

 サンパウロ水道局(SABESP)が2020年までに、マルジナル・チエテの下に全長7・5キロに及ぶ下水道を完成させる予定であることが明らかになった。10日付現地紙が報じている。
 このトンネルは、マルジナル・チエテの地下18メートルの所に造られており、現在は12時間で1メートルという、ゆっくりとしたペースで工事が進んでいる。
 このトンネルは、チエテ川の浄化対策の一環として造られており、市南部のジャルジン・ズオロジコからセントロ(中央部)にかけての地域に住む住民200万人分の下水が流れ込むように計画されている。
 これらの地域の下水は現在、タマンドゥアテイ川の下に設けた下水道を通り、チエテ川の近くでマルケス・デ・サンヴィセンテ大通りの下に設けた下水道に入った後、大サンパウロ市圏のバルエリにある処理場に運ばれている。
 だが、現在工事中のトンネルは既存の下水道より内径が大きく、先の地域の下水の大半を受け入れるようになるため、マルケス・デ・サンヴィセンテ大通りの下の下水道の負荷が大幅に軽減される。新トンネルに流れ込む下水も、バルエリの処理場に運ばれて処理される予定だ。
 なお、SABESPでは、マルジナル・チエテの地下のトンネル以外にも、もう少し規模の小さなトンネルを造り、セントロの下水網を整備する意向だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]
  • 《サンパウロ市》女装者がブタンタンで大暴れ=刺傷と車で追い回し、殺人未遂2018年10月4日 《サンパウロ市》女装者がブタンタンで大暴れ=刺傷と車で追い回し、殺人未遂  1日、サンパウロ市西部ブタンタンで、女装者がバスの運転手をナイフで刺し、通行人を車ではねる騒動があったと、3日付現地紙が報じている。  この事件は1日午後5時ごろに起こった。ブタンタン駅の前の通りを通ったバスの運転手に、女装者のフェルナンダ・アマラル・デ・リマ容疑者が「自分 […]
  • 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に2018年10月9日 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に  バイア州で8日午前3時頃、大統領選に関して口論となったカポエラ師が、相手にナイフで刺されて殺される事件が起きた。8日付現地サイトが報じている。  殺されたのは「モア・ド・カテンデー」の名で知られるロムアウド・ロザーリオ・ダ・コスタ氏(63、以下、カテンデー)で、現場は、バイ […]
  • 《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響2018年10月2日 《ブラジル》女性歌手のアンジェラ・マリア死去=エリス・レジーナらにも影響  1950年代に一世を風微し、長きにわたり活躍してきた女性歌手、アンジェラ・マリアが9月29日、入院先のサンパウロ市の病院で心不全のために亡くなった。89歳だった。1日付現地紙が報じている。  1929年にリオで生まれたアンジェラは、18歳だった1947年から歌手活動をはじめ […]
  • ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行2018年10月3日 ベネズエラ=3分の1の医師が国外に=薬もなく、撲滅した病気再流行  汎米保健機構(Opas)がまとめた内部資料によると、ベネズエラでは、政治的、経済的な危機により、この4年間に医師2万2千人が国外に脱出、医療システムに大穴が開いていると2日付ブラジル国内紙が報じた。  同国の医療システムの対応能力は5年前から急速に落ちてきていた。17、18 […]