ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル大統領選》ボウソナロ氏が電力公社の民営化に否定的発言=株価は一転急落し、2・8%減=経済政策、実は対抗のハダジ氏と変わらず?

《ブラジル大統領選》ボウソナロ氏が電力公社の民営化に否定的発言=株価は一転急落し、2・8%減=経済政策、実は対抗のハダジ氏と変わらず?

ボウソナロ氏の経済政策ブレーンとされているゲデス氏(中央)だが…(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

ボウソナロ氏の経済政策ブレーンとされているゲデス氏(中央)だが…(Fernando Frazao/Agencia Brasil)

 大統領選第1次投票で得票1位となったジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)が9日夜、電力公社エレトロブラス社の民営化に否定的な見解を示した事で、翌10日のブラジル株式市場は公社株を中心に大きく下げ、サンパウロ市平均株価指数(Ibovespa)は前日比2・8%ダウンの8万3679・11ポイントでひけたと、11日付現地各紙が報じた。
 ボウソナロ氏は9日、TV局のインタビューに対し、エレトロブラス社の名前こそ挙げなかったものの、「なんでも外国資本に売り渡していいのか? エネルギー部門を中国の手に渡すって? 配電部門なら交渉の余地はあるが、発電はダメ」と語った。今日、中国資本は、ブラジル国内の民間電力会社の多くを抑えている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ