ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日付同欄でも報じた、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで8日に起きた、19歳の女子学生が男性3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字の傷を入れられた事件が物議を醸している。被害者は大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏に対する反対運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていて襲われた。彼女は警察にも被害届を出したが、担当警官はその傷を「大したことはない」「それは仏教の平和のマークだ」として報告を渋り、Tシャツにも嫌悪感を示したという。腹部の鉤十字の写真はネットに出回って問題化し、本格的な捜査も行われかけたが、被害者が精神的ダメージの大きさを理由に取り下げた。未解決のままで良いのだろうか。
     ◎
 7日の大統領選の投票日に、投票機のボタンを銃で押すビデオが出回って話題を呼んだが、10日、その人物がパラナ州ノルテ・ピォネイロ在住の26歳の男性だったことが判明した。男性は取り調べに対し、「銃は玩具で、冗談のつもりだった。こんなに反響があるとは思わなかった。もうしない」と語っているという。男性は携帯電話と玩具の銃を押収され、取調べを受けた後、釈放された。投票内容の公開は選挙法違反に当たる。
     ◎
 10日に行われたサッカーのブラジル杯決勝第1試合、コリンチャンスは敵地ベロ・オリゾンテでの対クルゼイロ戦を0―1で落とした。終始、試合のリズムが作れず、逆によく1点で済んだと言えるような展開だった。第2試合は17日の本拠地イタケラ。コリンチャンスとしては、ここで逆転優勝して、来年のリベルタドーレス杯進出につなげたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボウソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボウソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボウソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 東西南北2018年10月9日 東西南北  7日の大統領選は投票時から物々しい雰囲気があった。その理由のひとつは、ボウソナロ氏の陣営がさかんに主張した「不正投票の疑い」というもので、その過程で、「ボウソナロ氏を選んだはずなのに、ボタンを押すと全てハダジ氏になる」という、フェイクニュースのビデオが出回り、それを高等選挙裁 […]
  • 東西南北2018年10月10日 東西南北  7日に行われた下院議員選で、サンパウロ州から選出された24歳の女性が話題となっている。タバタ・アマラル氏(民主労働党・PDT)は、サンパウロ市南部の貧困地区ヴィラ・ミッシオナーリアの出身で、父がバスの料金係、母が家庭内労働者という家庭環境で、12歳まで公立校で学びながら、子供 […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボウソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]