ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日付同欄でも報じた、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで8日に起きた、19歳の女子学生が男性3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字の傷を入れられた事件が物議を醸している。被害者は大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏に対する反対運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていて襲われた。彼女は警察にも被害届を出したが、担当警官はその傷を「大したことはない」「それは仏教の平和のマークだ」として報告を渋り、Tシャツにも嫌悪感を示したという。腹部の鉤十字の写真はネットに出回って問題化し、本格的な捜査も行われかけたが、被害者が精神的ダメージの大きさを理由に取り下げた。未解決のままで良いのだろうか。
     ◎
 7日の大統領選の投票日に、投票機のボタンを銃で押すビデオが出回って話題を呼んだが、10日、その人物がパラナ州ノルテ・ピォネイロ在住の26歳の男性だったことが判明した。男性は取り調べに対し、「銃は玩具で、冗談のつもりだった。こんなに反響があるとは思わなかった。もうしない」と語っているという。男性は携帯電話と玩具の銃を押収され、取調べを受けた後、釈放された。投票内容の公開は選挙法違反に当たる。
     ◎
 10日に行われたサッカーのブラジル杯決勝第1試合、コリンチャンスは敵地ベロ・オリゾンテでの対クルゼイロ戦を0―1で落とした。終始、試合のリズムが作れず、逆によく1点で済んだと言えるような展開だった。第2試合は17日の本拠地イタケラ。コリンチャンスとしては、ここで逆転優勝して、来年のリベルタドーレス杯進出につなげたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月12日 東西南北  10月の大統領選で敗れた元サンパウロ州知事、ジェラウド・アウキミン氏(民主社会党・PSDB)が10日、サンパウロ州バウルーの医療機関ウニノーヴェで、大統領選後では初となる講演活動を行った。同氏はシュラスコをごちそうされ、学生たちが飼育したバクテリアを受け取るなどの歓迎を受けた […]
  • 東西南北2018年12月8日 東西南北  ボウソナロ次期大統領の政党、社会自由党(PSL)の下院リーダーの座を巡り、喧嘩が勃発している。その座を争っているのは、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏と、ネット・ジャーナリストとして有名になった次期女性下議ジョイセ・ハッセルマン氏だ。両者は6日、ワッツアップで口論。エドゥア […]
  • 東西南北2018年12月11日 東西南北  あと2週間ほどでクリスマスになるが、9日付アゴラ紙によると、今年の子ども向けのプレゼントとして、武器のおもちゃが流行しているという。主な要因としては、子どもたちの間で「アベンジャーズ」などのスーパーヒーロー映画が影響力を持っていることが大きいが、奇しくも、今年は「銃自由化」を […]
  • 東西南北2018年12月6日 東西南北  障害者用スポーツ「スポールブール」の競技者として知られているタリタ・ドルネラスさん(33)が、愛用の車椅子と障害者用の自動車を盗まれていたことがわかった。事件発生は11月27日夜、サンパウロ大都市圏ポアーでのことだ。タリタさんが自分の車に父親と従兄弟を乗せて移動していたところ […]
  • 東西南北2018年12月7日 東西南北  5日付アゴラ紙によると、サンパウロ市西部マルジナル・ピニェイロスの高架橋に2メートルのズレが生じた11月15日の事故以来、市内の渋滞が38%悪化しているという。ズレの生じた部分に関しては、完全な復旧の見通しが立つまで、コースの変更を余儀なくされており、混乱はしばらく収まりそう […]