ホーム | 日系社会ニュース | 中津川市=「観光や仕事でどうぞ!」=青山市長、杉本団長呼びかけ

中津川市=「観光や仕事でどうぞ!」=青山市長、杉本団長呼びかけ

青山市長、杉本団長

青山市長、杉本団長

 岐阜県中津川市から公式訪問団17人が、レジストロ入植105周年、日本移民110周年、ブラジル岐阜県人会創立80周年を祝う記念式典に出席するため、18日に来伯した。青山節児市長と、中津川姉妹都市友好推進協会の杉本潤会長(訪問団団長)が夕方、聖市内ホテルで記者会見を行なった。今年は聖州レジストロ市との姉妹都市提携38周年でもある。
 2013年に続き、現役市長として2回目の来伯をした青山市長は、「バブル期の1990年頃、2千人からのブラジル人が市内で働いていたが、特にリーマンショック以降激減し、今では115人のみ。ブラジルからの皆さんには永住を前提に増えて欲しいと願っている」と語った。
 中津川商工会議所の会頭でもある杉本さんは、「9年後にはリニア中央新幹線が開通し、中津川に駅ができる。付近には美濃和紙、包丁の関の孫六、焼き物で有名な美濃や多治見、世界遺産・白川郷の高山などたくさんの伝統工芸や観光資源がある。工業と観光をどう結びつけて、ブラジルからも仕事や観光に来ていただけるかが課題」と今後の姉妹都市提携の大きな図式を述べた。
 リニア中央新幹線は2027年に品川から名古屋を6駅で結んで開通する予定。岐阜県内では中津川のみ。
 一行は18日にイビラプエラ公園で開拓先没者慰霊碑参拝、ジャパン・ハウスや移民史料館視察、岐阜県人会幹部と懇談会、19日はレジストロ市役所表敬訪問、ロータリークラブで歓迎会、20日は市内視察、夜は記念式典、21日にレジストロ市で姉妹都市会議、サントス市の日本移民関連施設視察後にリオ市へ移動。22日はリオ市内視察、23日に帰路に着く予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • イングリッジさん凱旋熱唱=昨年、非日系で初優勝と話題2019年3月9日 イングリッジさん凱旋熱唱=昨年、非日系で初優勝と話題  昨年3月のブラジル本庄追分大会で優勝を果たし、8月に日本の第35回本荘追分全国大会で5位に入賞したエスピンドラ・イングリッジさん。2月24日の秋田県人会会館にて開催された第4回ブラジル本庄追分会に出演し、高らかに凱旋歌唱した。  イングリッジさんは昨年、非日系人初の […]