ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市地下鉄》5号線延伸で利便性向上=1、2号線との連絡駅で利用者増

《サンパウロ市地下鉄》5号線延伸で利便性向上=1、2号線との連絡駅で利用者増

サンパウロ市地下鉄5号線は、昨年9月以降9駅延伸し、今年10月にようやく1号線、2号線と終日連結した。(写真は5号線のモエマ駅・Estação Moema/Metrô)

サンパウロ市地下鉄5号線は、昨年9月以降9駅延伸し、今年10月にようやく1号線、2号線と終日連結した。(写真は5号線のモエマ駅・Estação Moema/Metrô)

 サンパウロ市南西部を走る地下鉄5号線と、市を南北に走る1号線、東西に走る2号線が終日の連結運行を開始した13日以降、地下鉄2号線の利用客は一日平均5万人増えたと、23日付現地紙が報じた。
 5号線と2号線は、シャーカラ・クラヴィン駅で連結している。連結前の8月平日の2号線利用客数は一日平均70万1千人だったが、終日連結運行開始後の先週15日から19日まで5日間の一日平均利用客数は75万人だった。
 これは、5号線と2号線が連結した事で、カンポ・リンポ(5号線)などのサンパウロ市南西部から市内中心部へのアクセスが飛躍的に向上した事が原因だ。
 両線が繋がるまでは、カンポ・リンポ駅周辺の住民がパウリスタ駅(4号線)に向かうには、サントアマロ駅で都電CPTM9号線に乗り換えピニェイロス駅まで行き、4号線に乗り換えなくてはならなかった。
 それが今では、5号線から乗り換え1回で2号線を利用できる。2号線に乗ってしまえば、パウリスタと地下通路で繋がっているコンソラソン駅に行く事も容易だ。
 5号線と1号線がつながるサンタクルス駅では、平日一日の平均利用客数が6万3千人から10万8千人へと増え、5号線と2号線が繋がるシャーカラ・クラヴィン駅は平均利用客数が8千人から4万8千人へと6倍も増えた。
 5号線と連結する前からの2号線の利用者、パオラ・レーノさん(32)は、「5号線と繋がる前まで、シャーカラ・クラヴィン駅はガラガラだったけれど、今は乗り降りする人もかなり増えた」と語る。
 5号線、1号線、2号線の利便性が向上したせいで、4号線の混雑も緩和された。
 ブタンタン駅からルース駅を結ぶ4号線では、以前よりパウリスタ駅とコンソラソン駅(2号線)間の地下通路の混雑と、4号線、9号線の乗り換え駅、ピニェイロス駅の混雑が問題となっていた。5号線と1、2号線の連結以降、パウリスタ駅の利用客は7%、ピニェイロス駅の利用客は14%減少した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因2018年12月22日 リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因  リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖で20日の朝、無数の魚が死んで水面に漂うショッキングな光景が報道され、翌21日の朝までに21・8トンもの魚の死体が引き上げられた。  生物学者のマリオ・モスカテッリ氏は、「周辺から浄化処理がされていない水が流れ込み、湖の水の有機 […]
  • リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る2018年12月21日 リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る  リオ市西部で暗躍する犯罪者らの民兵組織(ミリシア)摘発のため、リオ州市警と軍兵士が20日、約100人分の逮捕令状を執行したと同日付現地紙サイトが報じた。  「ヘラクレス」と題する作戦の対象は、ウエリントン・ダ・シウヴァ・ブラガ(通称エコ)が指揮し、リオ市西部からバイ […]
  • 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用2018年12月21日 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用  2017年のブラジルでは、1億2640万人がインターネットを利用していた事が判明した。この人数は、10歳以上の人口の69・8%を占めている。  これは、2016年の1億1610万人(10歳以上の人口の64・7%)と比較して、実数にして1030万人、比率にして5・1% […]
  • 夏の嵐のサンパウロ=日中温められた空気が強いにわか雨引き起こす=市内北西部で男性死亡2018年12月20日 夏の嵐のサンパウロ=日中温められた空気が強いにわか雨引き起こす=市内北西部で男性死亡  サンパウロ市は週明けから、南の海上から湿った空気が入ってきた上に急激に気温が高まり、日中暖められた空気の固まりが夕方以降、にわか雨を引き起こすという状況が続いている。  現地時間19日の未明にサンパウロ市内各所で降ったにわか雨では、同市北西部のペルース地区などで水害 […]
  • 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで2018年12月20日 《ブラジル》ピアウイ州=国立公園内に自然博物館開館=先史時代の化石から現代の植生まで  ブラジル北東部のピアウイ州南部、コロネル・ジョゼ・ジアス市で18日、先史時代以降の同地域の発展などについて知る事が出来る、自然博物館がオープンした。  セーラ・ダ・カピヴァラ国立公園内に出来た博物館は、1万年前に同地域に生えていた植物やその当時生息していた大型動物の […]