ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=高額医療薬の不足深刻化=国からの支給が不規則で?

サンパウロ州=高額医療薬の不足深刻化=国からの支給が不規則で?

 統一医療保健システム(SUS)が支給する高額医療薬の一部が、サンパウロ州でも不足中と24日付フォーリャ紙が報じた。
 同紙が具体名を挙げた薬は、筋萎縮性側索硬化症治療薬のリルゾール(riluzol)、関節リュウマチ治療薬のレフルノイド(leflunomida)、臓器移植や骨髄移植後の患者が拒絶反応抑制のために飲むタクロリムス(tacrolimo)、C型肝炎用の薬などだ。
 サンパウロ大都市圏サントアンドレ市在住で、3カ月前に腎臓移植を受けたマルクス・ヴィニシウス・リベイロ氏は、タクロリムスを1日7錠飲まなければならない。9月17日は毎月もらえる薬がなく、取りに行った母親が手ぶらで戻ってきた。以来、毎日、電話をしたり直接出向いたりして、薬の到着を待っていたが、いつまで待っても拉致が開かず、590レアルを払って、とりあえず100錠入りを1箱買った。だが、買い続けるゆとりはないとこぼす。拒絶反応抑制剤は移植手術後の患者の命を左右し、不可欠だが、高額で、誰もが買える訳ではない。
 州保健局によると、リルゾールやレフルノイドなどは保健省が定期的に供給する高額医薬品だ。だが、その供給が不規則なため、州内の保健・医療機関での支給も困難になっているのだという。
 具体的には、リルゾール29万7千錠、レフルノイド110万錠、タクロリムス840万錠が9月20日に供給されるはずだったが、リルゾールは23日現在も入荷がない。タクロリムスだけは先週、それも注文数の35%だけ届いたという。
 保健省によると、リルゾールとレフルノイド、タクロリムスは全州に正常に供給されており、C型肝炎の薬も31日までには供給が正常化するという。
 7月11日付G1サイトは、サンパウロ州内の病院が薬不足のため、がん患者の化学療法を中止と報道。8月4日付同サイトは、サンジョゼ市などで成長ホルモンの分泌不足の子供に使うソマトロピン(Somatropina)が不足していると報じた。さらに、9月13日付G1サイトは、ピラシカバ市で高血圧患者用の薬が不足と報道。国や州、市レベルの財政悪化や管理のまずさなどが、患者の命や生活の質を危険にさらしていると言えそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ