ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領候補のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)が23日、誤った情報に基づいて、ジャイール・ボウソナロ氏の副候補で元陸軍将軍のアミウトン・モウロン氏が「軍政時代に拷問を行った兵士だった」との発言を繰り返した。この情報は、歌手のジェラウド・アゼヴェドが「政治犯として逮捕されたとき、モウロン氏に拷問された」と語ったのを受けたものだった。だが、アゼヴェド逮捕は1969年でモウロン氏の入隊は72年と計算が合わず、アゼヴェドの記憶違いと判明した。ハダジ氏はボウソナロ氏の支援企業のフェイクニュース拡散疑惑を追及していただけに手痛いミスとなったか。
     ◎
 23日に発表されたイボッピ(ブラジル世論調査・統計機関)の決選投票に関する世論調査によると、大統領選はボウソナロ氏とハダジ氏の差がやや縮まったが、有効票での比較では57%対43%でボウソナロ氏優位は変わらず。サンパウロ州知事選はジョアン・ドリア氏とマルシオ・フランサ氏が競っているが、53%獲得のドリア氏がやや優位のまま膠着状態に。気になるのはリオ州で、60%だったウィルソン・ヴィッツェル氏の支持率が56%に下がり、追うエドゥアルド・パエス氏が44%と追い上げた。28日にどうなるか。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第1試合。2連覇を目指すグレミオは敵地ブエノスアイレスでの対リーヴェル・プレイト戦を1―0で制し、決勝進出にかなり有利になった。第2試合は30日、本拠地のポルト・アレグレにて。2年連続で決勝進出なら、2005、06年のサンパウロ以来、12年ぶりのこととなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年12月27日 東西南北  「2019年の経済に希望的観測が出ている」との報道はここのところ頻繁に耳にするが、ジョアン・ドリア次期知事の下でサンパウロ州財務局長に就任する予定のエンリケ・メイレレス氏も、「来年のサンパウロ州財政は確実に成長する」「増税をする必要もなく、州財政はあがる」と強い自信を見せる発 […]
  • 東西南北2018年12月21日 東西南北  本面で報じているように、最高裁のアウレーリオ判事の出した判断は、ブラジルを19日の日中から夜にかけて騒然とさせたが、トフォリ長官が事態を収拾することとなった。皮肉にも、元々、「ルーラ元大統領に最も関係が深い」と言われていたのが同長官で、年齢も最高裁内では下から2番目と若い。1 […]
  • 東西南北2018年12月22日 東西南北  21日夜をもって、ブラジルは夏に突入した。夏に入る数週間前からかなり暑くなっているが、予報によると、この夏はエル・ニーニョ現象の影響を受け、平年より暑い夏になることが予想されている。近年で暑い夏というと、サンパウロ州を水危機に陥れた2013~14年の夏のことを思い出すが、今年 […]
  • 東西南北2018年12月19日 東西南北  サンパウロ大都市圏オザスコの連邦地裁は17日、次期サンパウロ州選出下議のアレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)に対し、リオ選出下議のジャン・ウイリス氏(社会主義自由党・PSOL)に29万5千レアルの罰金を支払うよう命じた。それは、フロッタ氏がウイリス氏は「小児性愛 […]
  • 東西南北2018年12月20日 東西南北  昨日に続き、次期サンパウロ州選出下議アレッシャンドレ・フロッタ氏(社会自由党・PSL)と社会主義自由党(PSOL)との対決の話を。18日は地域選挙裁判所が各州で当選議員らの認証式を行ったが、PSOLのモニカ・セイシャス次期下議が壇上に上がって書類を受け取ろうとした際、党協力者 […]