fbpx
ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大統領候補のフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)が23日、誤った情報に基づいて、ジャイール・ボルソナロ氏の副候補で元陸軍将軍のアミウトン・モウロン氏が「軍政時代に拷問を行った兵士だった」との発言を繰り返した。この情報は、歌手のジェラウド・アゼヴェドが「政治犯として逮捕されたとき、モウロン氏に拷問された」と語ったのを受けたものだった。だが、アゼヴェド逮捕は1969年でモウロン氏の入隊は72年と計算が合わず、アゼヴェドの記憶違いと判明した。ハダジ氏はボルソナロ氏の支援企業のフェイクニュース拡散疑惑を追及していただけに手痛いミスとなったか。
     ◎
 23日に発表されたイボッピ(ブラジル世論調査・統計機関)の決選投票に関する世論調査によると、大統領選はボルソナロ氏とハダジ氏の差がやや縮まったが、有効票での比較では57%対43%でボルソナロ氏優位は変わらず。サンパウロ州知事選はジョアン・ドリア氏とマルシオ・フランサ氏が競っているが、53%獲得のドリア氏がやや優位のまま膠着状態に。気になるのはリオ州で、60%だったウィルソン・ヴィッツェル氏の支持率が56%に下がり、追うエドゥアルド・パエス氏が44%と追い上げた。28日にどうなるか。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯準決勝第1試合。2連覇を目指すグレミオは敵地ブエノスアイレスでの対リーヴェル・プレイト戦を1―0で制し、決勝進出にかなり有利になった。第2試合は30日、本拠地のポルト・アレグレにて。2年連続で決勝進出なら、2005、06年のサンパウロ以来、12年ぶりのこととなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • 東西南北2019年1月8日 東西南北  ボルソナロ大統領が4日、大統領選の決選投票で争ったフェルナンド・ハダジ氏とツイッター上で口論を行い、話題となった。事の発端は、ドイツのメディアが昨年のブラジル大統領選を「非知性主義の勝利」と評した記事をハダジ氏がシェアしたのに対し、ボルソナロ氏が「刑務所の囚人の操り人形」が「 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]