ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(72)

 彼は私が遠いブラジルからわざわざシベリア墓参に参加したのは、同時にあの当時の仕返しをするためではないかと勘繰り、絶えず私の動向を見守っていたのだ。だから訊ねもしないのに小之原が死んだことや、モルドイ村からノーバヤに移った後は、将校も部下と同じように働いたんだと、喋った。そして別れる時、予約も払い込みもしていないホテルを持ち出して、私の気持をそらそうとしたのだ。
 大建設会社の高松支店長だと言っていたが直ぐにばれるような嘘を、その場逃れのために口にした彼の性格を哀れに思った。
=余程私の仕返しを恐れていたんだな。だが私は四七年も昔のことを、未だに恨みに思い続ける程女々しくないんだよ。韓国人のように恨みを子々孫々に伝え、決して忘れない性格は持ち合わせていないんだ。枕を高くしてやすみな=
 彼が飛び立った西の方に、そう呟いた。
 
  (二)末娘に伝わっていた予知能力

 本文で抑留記とは無関係に思われる、第一章と第二章に記した夢について、帰還後考え続けた。
 正夢― あの夢と現実の一致は、八二歳になった現在まで、僅か一度経験しただけである。もしや守護霊というものが、夢の形で予知してくれたのかと、考えたこともあった。しかしラーゲリで痛恨を残して死んだ戦友二四三名の霊は、未だに何一つ語りかけてこない。
 だからあの正夢は、私の中にほんの少しあった、予知能力が働いたのではないかと思うことにしている。
 この正夢を友人知人に話したところ(既視感だよ)と軽くいなされてしまった。四つの夢のうち正夢にならなかったのは、数人の白人が会談していた場面だけだったから既視感でないことは確かである。
 ところが生涯にたった一度だけ現れた私の予知能力は、あれから三八年後に、なんと末娘に変わった形で受け継がれていた。
 一九七〇年サンパウロ州ピエダーデ郡の農場で生れた末娘が、三歳頃のことである。農業だから会話は天候に関することが多い。
 一雨ほしいな、とか、二日も降り続くと、いい加減に止んでくれないかな、などの類である。
 セッカが続きモトボンバは、連日早朝から夜半まで休む暇もなく唸っていた。そんなある日、傍で人形遊びをしていた末娘が、片言で、
「アシタ アメ フル」
 と、いった。
 九月から一〇月にかけて一滴も降らなかったから、彼女の一言が頭に残った。翌日一ヶ月ぶりの大雨に、大地は充分に潤った。それから注意していると、何気なく口にする彼女の天候に関する言葉は、いつもピタッと当たった。だが、こちらから訊ねる天候の返事は、当たらなかった。
 真夏の昼下がり隣の奥さんが来て、家内は末娘を背負い玄関先で立ち話をしていた。はるか向こうに立っていた雨脚が、激しい勢いでひろがりながらこちらへ向ってくるのが見えた。家内は洗濯物をとりこみにかかった。
 背中の子が
「アメ アッチ イク」
 と、いいながら、右の方を指差した。まさかと思いながら洗濯物を取り込んだ家内が、雨の行方を見た。雨脚は末娘が指差した『アッチ』にそれていた。そんなことが数えきれないほど、二年余り続いた。やがて彼女の天候の予言はすっかり止み、今は夫と共に薬局経営と育児に専念する平凡な女性に変貌している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)2018年11月1日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(71)  私はあの夢と同じように、裏へ回って勝手口の戸を開けた。台所の板の間に両親は並んで行儀よく座り、私の帰りを予期していたかのように私を見つめた。二年の間に、すっかり老いてしまった両親の頬に涙が流れた。   夢で見たとおりであった。  夢では母は私の好物の特大の厚焼卵を作ってく […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)2018年10月30日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(69)  灯りの向こうの暗闇に故郷の山川があらわれて、よくぞ生きて帰ってきたと、語りかけてくるようであった。真冬の日本海上、灯りが見えなくなるまで佇ちつくしていた。吹きつける寒風を暖かく感じながらー。  生涯を通じ、これほど強烈な感動を覚えたことはない。   二五、遂に故国の大地を […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)2018年10月31日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(70)  夕方握り飯を二個支給され、隊列を組んで緩い坂を上がったところに駅があった。ここで東さんと惜別する。彼は別の車輌に乗車することになったのだ。一旦田舎の父母の下に帰り、善後策を考えるということだった。  保坂さんと戦友二人の四人が、向かい合って腰をかけた。鳥栖駅で愛国婦人会の襷 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(67)2018年10月25日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(67) 「先程の質問にたいしては、資料がなくて答えられない。しかし増産態勢にあることは確実である。明日要求にあった鉛筆とノートを用意する」  上級将校は鮮やかな日本語で説明し、私に向かって微笑して去った。翌日、一本を三分の一に切った鉛筆と、ザラ紙半分が各自に支給された。  あの時深 […]
  • 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)2018年10月26日 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(68)  ソ連軍将校の中には日本語を私たちより上手に話すものがいる。彼もその一人で連れの将校も、理路整然と語った。東さんがみんなを見回して言った。 「俺たちが生きて帰ってこそ、死んだ戦友たちの霊も浮ばれると思うが、みんなどうだ」  全員黙ってうなずいた。しかし翌日私たちは第一船から […]