ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル株が史上最高値を更新=国外要因と新政権への期待重なり

ブラジル株が史上最高値を更新=国外要因と新政権への期待重なり

サンパウロ市のBovespa正門(WIKIMEDIA COMMONS)

サンパウロ市のBovespa正門(WIKIMEDIA COMMONS)

 ボウソナロ次期政権(自由社会党・PSL)への改革路線の期待と国外要因が重なり、1日のサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は3営業日連続となる前日比1・14%上昇を記録、8万8419ポイント(P)の史上最高値を記録したと、2日付現地各紙が報じた。
 1日の取引は一時8万901Pまで上がり、8万8419Pに落ち着いた。この終値は今年2月26日に記録した8万7652Pを上回り、史上最高だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ