ホーム | ブラジル国内ニュース | コリンチャンス=世界一のトロフィーが債務の〃かた〃に?=2012年の栄光の象徴、競売の危機

コリンチャンス=世界一のトロフィーが債務の〃かた〃に?=2012年の栄光の象徴、競売の危機

今年4月にサンパウロ州選手権を制覇したコリンチャンス(Daniel Augusto/Ag. Corinthians)

今年4月にサンパウロ州選手権を制覇したコリンチャンス(Daniel Augusto/Ag. Corinthians)

 サンパウロ州地裁は8日、サンパウロ市を本拠地とする名門サッカーチーム、コリンチャンスが2012年に獲得したクラブワールドカップの優勝トロフィーを差し押さえる決定を下した。
 これは、地元の私立大学に対してコリンチャンスが負っている負債の〃かた〃としての差し押さえだ。トロフィーの評価額はこれから算出される。
 サンパウロ市北部にあり、サンタネンセ高等教育研究所が経営するサンタナ大学(UniSantAnna)とコリンチャンスは2006年、コリンチャンスが同市東部に所有するスポーツ施設、パルケ・サンジョルジの敷地の一部を同校に貸し出す契約を結んだ。サンタナ大学は、借りた土地をキャンパスとして使う計画だった。
 だが、コリンチャンスのアンドレス・サンシェス会長時代(一旦は退くも今年から復帰、今も会長職を務める)の2008年、サンタナ大学は、コリンチャンス側が学生や職員の敷地利用を拒否しているとして、契約違反の補償を求めて裁判を起こした。
 2010年に出た一審判決でコリンチャンスは敗訴。その後も何度も控訴を続けてきたが、サンタナ大学は現在、未払い分の利息やインフレ調整などで、総額250万レアルをコリンチャンスから取り立てる権利があるとしている。
 サンタナ大学は今年の8月にも、コリンチャンスが主力選手のロドリギーニョをエジプトのクラブチームに放出して得た移籍金を凍結しようと試みた。コリンチャンスは、同校に対する債務がある事は認めたが、金額については法廷で争う姿勢を見せている。
 なお、同案件に関する裁判はまだ続いている。トロフィーの評価額はまだ出ていないが、現時点では、コリンチャンスはトロフィーを国外に持ち出す事や売りに出す事を禁じられただけだ。トロフィーがコリンチャンスの手から離れ、競売にかけられるのは、支払い義務が確定しても支払われなかった場合に限られている。(9日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年12月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新世論調査によると、ボルソナロ政権は8月末の時点と変わらず、37%の支持率となっていることがわかった。その割に全国市長選で惨敗したのが不思議だが、選挙時に行われた州都での調査でも報じられていたように、場所によって支持率はバラバラ(サンパウロ市は20%台前半 […]
  • 東西南北2020年12月12日 東西南北  このところ、ブラジルを含め、全世界的にコロナウイルス用のワクチン接種が関心を呼んでいるが、ロンドン在住のマルシオ・ロベルト・ダ・ソウザさん(39)は、ブラジル人として初めてこのワクチンをうけそうな候補者の一人だ。1年前からロンドンの高齢者用介護施設で働いている関係で、ワクチン […]
  • 東西南北2020年11月20日 東西南北  サンパウロ州では17日から18日にかけて強い雨が降り、各地で被害が報告されている。ブロッタス市では18日夕方、塀が崩れて女性2人が巻き込まれ、1人が死亡した。インダイアトゥーバ市では、17日夜から18日朝にかけての暴風雨で、ガソリンスタンドの屋根が支柱ごと倒れる事故が起きた。 […]
  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]