ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 今日20日は「黒人の日」で、サンパウロ州内では、サンパウロ市をはじめ、多くの市が休日となっている。そういうこともあり、この時期はブラジル国内紙でも黒人差別を扱った記事が少なくない。例えば、19日付アゴラ紙では、サンパウロ市東部のシダーデ・チラデンテスの黒人男性医師が差別にあった話を紹介している。件の医師は小児科で、「看護師や従業員に間違えられることは日常茶飯事」で、「母親が自分を嫌って、子供の診察を嫌がる」といった事態も頻繁に起きているという。また、同医師の両親は「医者など金持ちがなるものだ」と、職業選択に懐疑的だったが、幼いころからの夢を貫いたという。医療は肌の色でなく、心で行うものでは。
     ◎
 本頁でも報じているように、マルジナル・ピニェイロスの高架橋での段差が生じた事故は大きな波紋を投げかけているが、その一方で、この通行止めを利用している人たちもいる。それは自転車愛好家やスケートボーダーで、彼らはジャグアレー橋とトランスアメリカ橋の間を行き来し、楽しんでいるという。サンパウロ市では、一部の高架橋にこうした有効利用を施そうとする動きが数年前からあったが、やはり事故でなく、正式な形で起こってほしいもの。
     ◎
 17日のサッカーの全国選手権。コリンチャンスは本拠地イタケーラでのヴァスコ・ダ・ガマ戦を1―0で制した。この試合の前は、2部降格圏内の17位との勝ち点差が3にまで縮まっていたが、この勝利でそれが6にまで拡大。残り3節でまだ油断はできないが、これでかなり、気持ちの上で余裕ができたのはたしかだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]
  • 東西南北2021年6月18日 東西南北  ボルソナロ大統領が12日にサンパウロ市で行って物議を醸した、マスクなしでのバイクでの集団デモ行進「モトシアッタ」について、サンパウロ州公共運輸サービス規制機関(Artesp)が、料金所などの記録によると、この日に使われたバイクの数は6661台だったと発表した。デモの直後は「1 […]
  • 東西南北2021年6月16日 東西南北  サンパウロ州政府が13日に「16日から50代のコロナワクチン接種開始」と発表したが、接種の最終的な責任者である市の対応は、地域毎に若干異なる。サンパウロ市では14日から50代を対象とした接種をはじめたが、「50代ならどの日でも接種できる」というものではなく、年齢別に日が決めら […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]