ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日付エスタード紙によると、一旦は内定と報じられていた、ジャイール・ボルソナロ次期大統領の次男カルロス氏の大統領府入りが破談となった。カルロス氏はリオ市の市会議員で、大統領選で父親のネット対策長をつとめるために休職。ボルソナロ氏当選後は連邦政府の引継スタッフに加わっていたが、22日のツイッターで「市議に戻る」とコメントした。この理由は、ボルソナロ一家が所属する社会自由党(PSL)の設立者で、大統領府総務室長に指名されたグスターヴォ・ベビアーノ氏との間で確執があったためだという。カルロス氏は史上最年少の17歳でリオ市議に当選後、5期にわたり同市議のままだ。
     ◎
 22日のサッカーの全国選手権、サンパウロは敵地リオでの対ヴァスコ・ダ・ガマ戦を0―2で敗れた。既にリベルタドーレス杯進出は決めているサンパウロだが、同試合に勝っていればグレミオを抜き、同杯での予選を免除される4位に上がっていたため、悔しさが残る。残り2試合でなんとかできるか。今日からの37節ではパルメイラスが優勝できるかが注目されるが、降格圏内の17位と勝ち点差5のコリンチャンスが危機を回避できるかにも注目だ。
     ◎
 ここのところ連日で報じられている、サンパウロ市西部ヴィラ・ロボス公園前のマルジナル・ピニェイロスの高架橋の段差事故。23日付現地紙によると、完全に復旧するまでにはあと半年はかかるとか。既に同マルジナルの通行止めによるルート変更で、ピニェイロス地区の交通は悪化。これが長期化するとなると、先が思いやられる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]