ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 23日付エスタード紙によると、一旦は内定と報じられていた、ジャイール・ボウソナロ次期大統領の次男カルロス氏の大統領府入りが破談となった。カルロス氏はリオ市の市会議員で、大統領選で父親のネット対策長をつとめるために休職。ボウソナロ氏当選後は連邦政府の引継スタッフに加わっていたが、22日のツイッターで「市議に戻る」とコメントした。この理由は、ボウソナロ一家が所属する社会自由党(PSL)の設立者で、大統領府総務室長に指名されたグスターヴォ・ベビアーノ氏との間で確執があったためだという。カルロス氏は史上最年少の17歳でリオ市議に当選後、5期にわたり同市議のままだ。
     ◎
 22日のサッカーの全国選手権、サンパウロは敵地リオでの対ヴァスコ・ダ・ガマ戦を0―2で敗れた。既にリベルタドーレス杯進出は決めているサンパウロだが、同試合に勝っていればグレミオを抜き、同杯での予選を免除される4位に上がっていたため、悔しさが残る。残り2試合でなんとかできるか。今日からの37節ではパルメイラスが優勝できるかが注目されるが、降格圏内の17位と勝ち点差5のコリンチャンスが危機を回避できるかにも注目だ。
     ◎
 ここのところ連日で報じられている、サンパウロ市西部ヴィラ・ロボス公園前のマルジナル・ピニェイロスの高架橋の段差事故。23日付現地紙によると、完全に復旧するまでにはあと半年はかかるとか。既に同マルジナルの通行止めによるルート変更で、ピニェイロス地区の交通は悪化。これが長期化するとなると、先が思いやられる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月24日 東西南北  父は大統領就任後の初の国際会議でのスピーチを酷評され、長男は、これまでの金銭の不正授受や幽霊職員採用の疑惑に加え、元リオ市議殺害容疑もかかるミリシア(犯罪集団)との関係を疑われるなど、22日は散々だったボウソナロ親子。だが、スイスに滞在中のボウソナロ大統領は、現地で受けたイン […]
  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボウソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボウソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 東西南北2019年1月23日 東西南北  ここ数日、フラヴィオ・ボウソナロ氏を巡る報道が過熱し、情報がめまぐるしく更新されている。21日は、前日のフラヴィオ氏のレコルデ局で「48回の振込み記録は、自分が売った不動産関連の支払に関連したものだ」と釈明したことを受け、元ビーチバレーの選手が「私が購入した」と名乗り出た。そ […]
  • 東西南北2019年1月18日 東西南北  15日夜、リオ西部バーラ・デ・グアラチーバの雑貨店が強盗に襲われ、経営者の母親を助けようとしたマテウス・ドス・サントス・レッサさん(22)が射殺される事件が起きた。この日の午後7時30分頃、武装した強盗が店に押し入ってレジの金を盗み、さらに金を要求してようとして脅した。マテウ […]
  • 東西南北2019年1月19日 東西南北  本日付で報じたボウソナロ大統領の長男フラヴィオ氏が行ったケイロス氏への捜査差止請求問題は、これまでどんなにネガティヴな報道があっても動じなかった強固なボウソナロ一族支持者たちを、はじめてと言っていいほど強く動揺させている。これまでも、前妻との裁判記録で明かされた父ボウソナロ氏 […]