ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■渥美誠さん

■訃報■渥美誠さん

 県連故郷巡りを数多く手がけてきたグローバル・サービス旅行社の渥美誠社長が、今月24日、聖市カルボン・ブエノ街交差点を歩行中に大型観光バスに轢かれ、搬送先のバンデイランテス病院で亡くなった。享年68。
 渥美さんは、1950年神奈川県藤沢市生まれ。57年に渡伯し、グァインペーのスイサ農園に入植。その後、聖市イタケーラ区を経て、ヴァルゼン・グランデ・パウリスタ等で青年期を過ごした。
 大学卒業後は、ヴァリグ・ブラジル航空(現ゴル航空)、ツバロン製鉄所で務めたが、くも膜下出血を発症して退職。その後、サクラ観光に入社して社長を務めたが、独立してグローバル・サービス旅行社を設立。現在に至るまで社長を務めていた。
 葬儀は25日にモルンビ墓地で行われた。追悼記念集会は、12月2日午後3時から、サンパウロ教会(Rua Tomas Cavalhal, 471)にて執り行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 群星合評会=新時代到来打ち出した第4号=85周年の歴史的意義を再考=「歴史の空白埋める重要な雑誌」2018年11月13日 群星合評会=新時代到来打ち出した第4号=85周年の歴史的意義を再考=「歴史の空白埋める重要な雑誌」  「大きな転換点を迎えるなか、新時代をどう切り開くべきか」―ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)が発行する同人誌『群星』第4号の合評会が先月27日午後2時から、同県人会本部会議室で開催された。全196頁、日ポ両語。およそ70人が読後の感想や意見を交換し、4時間近 […]
  • 援協定例会、与儀会長続投=10月は1千万レの黒字に2018年11月28日 援協定例会、与儀会長続投=10月は1千万レの黒字に  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「11月定例役員会」を22日午前、援協本部ビルで開催した。  議事報告では、10月27日に開催された定期評議委員会にて、二期目となる与儀会長続投が決定し、来年度予算、事業計画が承認されたと報告。与儀会長は「新大統領のもとで、ブラジルが […]
  • ■訃報■森ジョルジ2018年11月23日 ■訃報■森ジョルジ  第1回サンパウロ・ビエナーレに当時最年少(19歳)で出展し、天才少年と呼ばれていた早熟の日系画家・森ジョルジさんが、20日に聖市内で亡くなった。享年86。  1932年10月20日聖市生まれ。若干11歳から絵画を学び始め、44年から画家・高岡由也氏に師事し、47年に聖市で初 […]
  • ■訃報■中野文雄さん2018年11月15日 ■訃報■中野文雄さん  自分史『子供移民の半世紀』を本紙に連載した中野文雄さんが、援協の「あけぼのホーム」で14日午前6時、老衰でなくなった。享年97。14日晩に通夜が行なわれ、15日朝9時からにビラ・アルビーナで葬儀、火葬される予定。  中野さんは福岡県久留米市生まれ、家族と共に1935年に13 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]