ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 障害者用スポーツ「スポールブール」の競技者として知られているタリタ・ドルネラスさん(33)が、愛用の車椅子と障害者用の自動車を盗まれていたことがわかった。事件発生は11月27日夜、サンパウロ大都市圏ポアーでのことだ。タリタさんが自分の車に父親と従兄弟を乗せて移動していたところ、5人組が車で近づいてきて、強盗だと名乗った。家族が彼女は障害者であることを説明すると、強盗は一旦引き下がったが、また戻って来て、タリタさんの車椅子と車を盗んだという。この特別製の車は2週間前に購入したばかりだった。知人の好意で既に5千レアル近くの募金が集まっているというが、人情に欠けた悲しい事件だ。
     ◎
 現在、自宅で服役中のサンパウロ州政界の大物パウロ・マルフ氏(87)が4日夜、サンパウロ市シリオ・リバネス病院で癌の手術を受けた。同氏はサンパウロ市市長を退いた翌年の1997年に前立腺癌を患い、前立腺を摘出しているが、今年の4月に骨への転移が見つかっていた。病院は手術に関する詳細な情報を明らかにしていないが、病状や年齢から考えても、しばらくの入院は避けられないだろう。「政界汚職の象徴」の今後の行方や、いかに。
     ◎
 サンパウロ市動物園(南部サウーデ)で最年長の動物だった虎のセアラーが先週、21年の生涯を終えた。セアラーはシベリア種の虎で、野生の状態なら平均して10年、飼育された状態でも、平均18年程度の寿命のところを20年以上生き延びていた。園内でも人気の一匹だったが、この4カ月間は弱りきっていて、絶対安静の日々が続いていたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 今、ブラジルで何が?=ストの大混乱と汚職捜査=だからこそ若者よ頑張れ!=サンパウロ市在住 田中禮三(5月26日記)2018年5月31日 今、ブラジルで何が?=ストの大混乱と汚職捜査=だからこそ若者よ頑張れ!=サンパウロ市在住 田中禮三(5月26日記)  サッカーワールドカップ開幕まで1カ月を切り、サッカー熱気が日に日に増すこの時期に、誰も想像しなかった緊急事態がブラジルで発生している。事の発端は、21日から始まったディーゼル油の価格高騰に業を煮やしたトラック運転手によるサボタージュ(スト)だ。幹線道路をトラックで塞ぐ […]
  • 2025年万博の大阪誘致に賛同を2017年11月28日 2025年万博の大阪誘致に賛同を  「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会を、2025年に大阪市で開催するため、「2025日本万国博覧会」誘致委員会(会長=榊原定征経団連会長)が中心となって、誘致活動を精力的に展開している。ぜひとも日本開催に向け、ブラジルからも一肌脱いで協力したい。 […]
  • 石油だけでも こんなにある=天の恵み溢れる ブラジル=サンパウロ市在住 駒形秀雄2017年10月6日 石油だけでも こんなにある=天の恵み溢れる ブラジル=サンパウロ市在住 駒形秀雄  街角で我々仲間が集って話しをすると、どうもブラジルの評判がよくありません。  「新聞の三面(社会面)を見ると毎日泥棒や人殺しの話しばかり。それではと一面(政治、経済面)を開いてみると、次から次へと汚職の話しだ。  上は大統領から下はファベラードまで、議会から裁判所 […]
  • ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死2017年1月21日 ブラジル政治史にあたらなミステリー=テオリ判事の墜落死  19日に連邦最高裁のテオリ・ザヴァスキ判事の搭乗した小型飛行機が墜落し、同判事ら5人が死亡した事件で、ブラジルは現在、大きな衝撃に包まれている。  それはテオリ判事が、労働者党(PT)前政権(2003~16年5月)と現在のテメル政権を揺るがしている一大汚職、「ラヴァ・ジャッ […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]