ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11月30日にサンパウロ州政府が、コロナウイルス対策としての外出自粛規制強化を発表した。バーやレストランでの人ごみや、買い物の際の入場者数などの課題はこれまでも浮上していたが、6日付アゴラ紙は、サンパウロ市内のバスターミナルで、「人の混雑」「トイレ前の行列」「清掃されていないトイレ」「洗浄用ジェルの不足」など、初歩的な基本事項が守られていない状況を伝えている。同紙が取材したのは、西部バラ・フンダ、北部チエテ、南部ジャバクアラの3カ所だ。いずれも大型バスターミナルで、大型感染も起こりうるだけに、気になる話。人々の行動を規制する以前に、運営する側が基本確認するだけで大きく違うと思うのだが。
      ◎
 5日夜、大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポで、車を盗んで逃走中だった強盗の車が、市内を走行中だった他の車に激突。この衝撃で、ぶつけられた車の助手席に乗っていた24歳の女性が死亡。運転していた男性も病院に運ばれ、入院した。2人は同い年の恋人同士だった。強盗は衝突事故後もなお、警察車両に車をぶつけて逃走を試みるも、数メートル先で路肩に衝突。車を降りて逃げようとしたところで逮捕された。解体目的の犯罪者からの金に釣られて車を盗もうとした犯人は、取り返しのつかない事態にまで、自分を追い込んでしまった。
      ◎
 6日のサッカーの全国選手権。サンパウロは本拠地モルンビでのスポルチ戦に1―0で勝利。3日のゴイアス戦での勝利で首位に立っていたサンパウロは、2位のアトレチコ・ミネイロが同じ日にインテルナシオナルと引き分けたため、勝ち点差を4に広げた。今季は若手中心の起用が功を奏しており、12年ぶりの優勝が現実味を帯びてきた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月27日 東西南北  思わぬ形でコロナワクチンのキャンペーン・ソングが生まれ、話題を呼んでいる。ファンキ歌手MCフィオッチの歌う「ブン・ブン・タン・タン」だ。この曲は2017年にヒットした曲だが、サビで繰り返される「ブータンタン」というフレーズが、コロナバックの治験に協力し、国内生産を担当するサン […]
  • 東西南北2021年1月23日 東西南北  今度の月曜日、25日はサンパウロ市の誕生日で、祝日となる。例年なら、この日には市が運営する大掛かりなコンサートなどが行われるはずだが、467回目の聖市誕生日となる今年はコロナ禍につき、人が集まるイベントは行わず、ヴァーチャルな形でのイベントが開催される。一例は、カーザ・ダス・ […]
  • 東西南北2021年1月22日 東西南北  21日、インド中部の都市プネーにあるセーラム研究所の工場で火災が発生した。この工場は、イギリスのオックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発している新型コロナの「オックスフォード・ワクチン」製造工場として知られている。現在は同ワクチンのブラジルへの輸出が遅れており、ブラジルの […]
  • 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武2021年1月21日 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武 【※1月16日に開催されたパネルディスカッション「ブラジルにおける日本語教育の意義と未来」の基調講演を許可を得て転載】 困難なコロナ禍で、オンライン授業が急進展  本日は、ブラジル日本語センター創立35周年を記念してのパネルディスカッションに、多くの日本語教育関 […]
  • 東西南北2021年1月20日 東西南北  パンデミックの間に一躍知名度を上げた食べ物の配達などの携帯アプリは、今や生活に欠かせない存在になりつつある。だが、それに欠かせないモトボーイ(配達員)を狙う電撃強盗が増加している。市警強盗防止班によると、2019年1月と2020年9月を比べると、モトボーイを狙った犯罪は27% […]