ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

 軍事政権下の1971年に死亡した夫を、行方不明とされ、長年にわたり、真相究明を叫んできたことで知られる、弁護士のエウニセ・パイヴァ氏(89)が13日に死去した。14日付現地紙が報じている。
 エウニセ氏の夫でサンパウロ州選出下議だったルーベンス・パイヴァ氏は、64年4月の軍政成立直後に罷免された。
 パイヴァ一家はその後、国外を転々とし、69年にリオに戻ったが、罷免処分の政治家関係者の国外逃亡を手伝ったことで目をつけられた。1971年1月20日、空軍兵士が同氏を逮捕しようとしてリオの自宅に来たため、自分で車を運転し、サントス・ドゥモン空港内の空軍詰め所に赴いたが、それ以降、消息が途絶えた。実際は秘密警察の刑務所に連れて行かれ、そこで拷問死していたが、軍はその秘密を隠し続けた。
 1男4女を抱えて未亡人となったエウニセ氏はそれ以後、夫の死の真相を求め続けた。それは軍政終了後も続き、同氏は「軍政時代の真相究明のヒロイン」として語られるようになった。
 2004年にアルツハイマー症を患ったヱウニセ氏は、以後、公の場に姿を見せなくなったが、2014年2月には、真相究明委員会によりルーベンス氏の拷問死が確認された。
 エウニセ氏が亡くなったのは、軍による政治犯の取締りや拷問の激化を招き、間接的にルーベンス氏らを死に至らせた軍政令第5号(AI5)制定からちょうど50周年にあたる13日だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー=女子はW杯決勝トーナメント進出へ=男子コパ・アメリカはベネズエラと引分2019年6月20日 《ブラジル》サッカー=女子はW杯決勝トーナメント進出へ=男子コパ・アメリカはベネズエラと引分  18日、フランスで開催中のサッカー女子W杯で、ブラジル代表はイタリアに1―0で勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。一方、男子代表は、自国開催のコパ・アメリカでのベネズエラ戦を、再三ゴールを取り消された末に、0―0で引き分けた。19日付現地紙が報じている。  グループCをここ […]
  • モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場2019年6月19日 モロ法相が「元英雄」としてコメディのネタに=批判的な替え歌も登場  ブラジル国内では9日以降、2014年のラヴァ・ジャット作戦開始以来、「ブラジルの新しいヒーロー」とまで呼ばれていた元同作戦担当判事で現法相のセルジオ・モロ氏の判事時代の実際の姿が情報リークで暴露され、大騒動となっているが、その影響が芸能界にまで及んでいる。  そのひとつが、 […]
  • 南米大学ランキング=ブラジルの大学が1位から転落=上位10傑に6校入るも2019年6月20日 南米大学ランキング=ブラジルの大学が1位から転落=上位10傑に6校入るも  南米の大学ランキングで、ブラジルの大学がはじめて1位の座から転落したことが明らかになった。19日付現地紙が報じている。  これは、イギリスの権威ある教育機関「タイムス・ハイヤー・エデュケーション」が毎年発表している恒例の南米大学ランキングでわかったもの。それによると、南米で […]
  • 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効2019年6月19日 《ブラジル》ビザなしの観光客が到着=4カ国限定の大統領令発効  17日、リオ市北部のトン・ジョビン国際空港に、同日発効の大統領令9731号によってビザを免除された米国人観光客らが到着し始めたと同日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  マルセロ・アウヴァロ・アントニオ観光相によると、ビザ免除の対象は米国、カナダ、オーストラリア、日本の4カ […]
  • 人口調査=ブラジルが1ランク下がり6位に=迫りくる少子高齢化の波2019年6月19日 人口調査=ブラジルが1ランク下がり6位に=迫りくる少子高齢化の波  2016年までは人口で世界第5位だったブラジルが、パキスタンに抜かれて6位に落ちたと、18日付現地紙が報じている。  国連が17日に発表したところによると、2017年の調査の時点でのブラジルの人口は2億1100万人で、2億1700万人に到達したパキスタンに抜かれて6位に落ち […]