ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

 軍事政権下の1971年に死亡した夫を、行方不明とされ、長年にわたり、真相究明を叫んできたことで知られる、弁護士のエウニセ・パイヴァ氏(89)が13日に死去した。14日付現地紙が報じている。
 エウニセ氏の夫でサンパウロ州選出下議だったルーベンス・パイヴァ氏は、64年4月の軍政成立直後に罷免された。
 パイヴァ一家はその後、国外を転々とし、69年にリオに戻ったが、罷免処分の政治家関係者の国外逃亡を手伝ったことで目をつけられた。1971年1月20日、空軍兵士が同氏を逮捕しようとしてリオの自宅に来たため、自分で車を運転し、サントス・ドゥモン空港内の空軍詰め所に赴いたが、それ以降、消息が途絶えた。実際は秘密警察の刑務所に連れて行かれ、そこで拷問死していたが、軍はその秘密を隠し続けた。
 1男4女を抱えて未亡人となったエウニセ氏はそれ以後、夫の死の真相を求め続けた。それは軍政終了後も続き、同氏は「軍政時代の真相究明のヒロイン」として語られるようになった。
 2004年にアルツハイマー症を患ったヱウニセ氏は、以後、公の場に姿を見せなくなったが、2014年2月には、真相究明委員会によりルーベンス氏の拷問死が確認された。
 エウニセ氏が亡くなったのは、軍による政治犯の取締りや拷問の激化を招き、間接的にルーベンス氏らを死に至らせた軍政令第5号(AI5)制定からちょうど50周年にあたる13日だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か2019年3月9日 サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か  7日午前、サンパウロ市市役所とSPトランスのマーク入りのシールを貼った車で走行中の元軍警が銃弾4発を浴びて死亡する事件が起きた。7日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジウソン・テラ氏で、7日午前11時20分頃、サンパウロ市東部サンマテウスを市役所のシールを貼った車で走 […]
  • 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増2019年3月8日 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増  アマゾナス州では、H1N1ウイルスによるA型インフルエンザが例年より早く流行し、少なくとも17人が死亡。消毒用のアルコールやビタミンC剤など、予防用の薬剤を買い求める人も急増中と6日付G1サイトが報じた。  同州健康監視財団(FVS)によると、同州で確認された重症のインフル […]
  • 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し2019年3月8日 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し  欧州連合(EU)内の国境管理を行うFrontexが6日、18年にEU諸国への入国を拒否されたブラジル人は4984人で、3086人だった17年より61・5%増えたと発表したと7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  この数字は、世界で7番目に多い。入国を拒否された人がブラジル […]
  • 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?2019年3月7日 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?  エスピリトサント州南部ドーレス・ド・リオ・プレットで4日未明、夫に車で連れ出された36歳の女性が、顔が腫れ上がるほど殴られた後、街道脇に投げ出され、兄弟らによって発見されるという事件が起きた。  5日付G1サイト(6日にも更新済み)によると、ジャーネ・ケルビン氏はミナス州在 […]
  • 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術2019年3月7日 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術  5日未明、リオ州南部のバラ・マンサ市の病院で、妊娠27週の女性が暴行を受けて運び込まれ、緊急手術を受けたが、出産後に死亡する事件が起きた。  死亡したマリア・エジジャーネ・デ・リマさん(35)は、4日午後、膣からの出血を起こした状態で病院に運び込まれた。リマさんの体には、暴 […]