ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

 軍事政権下の1971年に死亡した夫を、行方不明とされ、長年にわたり、真相究明を叫んできたことで知られる、弁護士のエウニセ・パイヴァ氏(89)が13日に死去した。14日付現地紙が報じている。
 エウニセ氏の夫でサンパウロ州選出下議だったルーベンス・パイヴァ氏は、64年4月の軍政成立直後に罷免された。
 パイヴァ一家はその後、国外を転々とし、69年にリオに戻ったが、罷免処分の政治家関係者の国外逃亡を手伝ったことで目をつけられた。1971年1月20日、空軍兵士が同氏を逮捕しようとしてリオの自宅に来たため、自分で車を運転し、サントス・ドゥモン空港内の空軍詰め所に赴いたが、それ以降、消息が途絶えた。実際は秘密警察の刑務所に連れて行かれ、そこで拷問死していたが、軍はその秘密を隠し続けた。
 1男4女を抱えて未亡人となったエウニセ氏はそれ以後、夫の死の真相を求め続けた。それは軍政終了後も続き、同氏は「軍政時代の真相究明のヒロイン」として語られるようになった。
 2004年にアルツハイマー症を患ったヱウニセ氏は、以後、公の場に姿を見せなくなったが、2014年2月には、真相究明委員会によりルーベンス氏の拷問死が確認された。
 エウニセ氏が亡くなったのは、軍による政治犯の取締りや拷問の激化を招き、間接的にルーベンス氏らを死に至らせた軍政令第5号(AI5)制定からちょうど50周年にあたる13日だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》不遇のアーチスト、ガンソが国内復帰に前進2019年1月16日 《ブラジルサッカー》不遇のアーチスト、ガンソが国内復帰に前進  ブラジルサッカー界の人気選手、ガンソ(29)の国内復帰が有力視されている。  かつては「ネイマールの相棒」として知られ、サントスFCでは「ガンソがゲームを作り、ネイマールが点を取る」というパターンで2011年にはリベルタドーレス杯も制覇した。  その後は期待されてサンパウ […]
  • リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される2019年1月15日 リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される  13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。  この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メ […]
  • 《ブラジル》隣国ウルグアイ領海で違法漁業?=ブラジル船をウルグアイ海軍が拿捕2019年1月16日 《ブラジル》隣国ウルグアイ領海で違法漁業?=ブラジル船をウルグアイ海軍が拿捕  ウルグアイ海軍は13日未明、同国領海内で、違法漁業を行っていたブラジル船籍の中型船を拿捕した。  ウルグアイと国境を接するブラジル最南端、リオ・グランデ・ド・スル州に登録されているタトゥイラ号には、乗組員10人と、漁師1人が乗っていた。  ウルグアイ海軍は威嚇射撃の後、停 […]
  • サンパウロ市=コンゴーニャスで欠航相次ぐ=大雨と雷鳴の影響により2019年1月12日 サンパウロ市=コンゴーニャスで欠航相次ぐ=大雨と雷鳴の影響により  10日夜に強く降った雨のため、サンパウロ市南部のコンゴーニャス空港では23便の欠航が生じ、渡航予定者を混乱させる事態となった。11日付現地サイトが報じている。  サンパウロ市では10日午後8時過ぎに、南部や西部などで強い雨が降り、各地で冠水が発生するなど、道路交通で大きな影 […]
  • 人気俳優=Wモウラの初監督作がベルリン映画祭に=物議醸しそうな共産主義ゲリラの伝記2019年1月12日 人気俳優=Wモウラの初監督作がベルリン映画祭に=物議醸しそうな共産主義ゲリラの伝記  ブラジル国内で人気・実力共にナンバーワン俳優の呼び声高く、大ヒット映画の「エリート・スクワッド」やネットフリックスのドラマ「ナルコス」の主人公として世界的にも知られるヴァギネル・モウラ。その彼が初めて監督した作品「マリゲーラ」が、「世界3大映画祭」のひとつ、2月開催のベルリン […]