ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

《ブラジル》軍政の真相究明に尽力したパイヴァ夫人が死去=AI5の50周年の日に

 軍事政権下の1971年に死亡した夫を、行方不明とされ、長年にわたり、真相究明を叫んできたことで知られる、弁護士のエウニセ・パイヴァ氏(89)が13日に死去した。14日付現地紙が報じている。
 エウニセ氏の夫でサンパウロ州選出下議だったルーベンス・パイヴァ氏は、64年4月の軍政成立直後に罷免された。
 パイヴァ一家はその後、国外を転々とし、69年にリオに戻ったが、罷免処分の政治家関係者の国外逃亡を手伝ったことで目をつけられた。1971年1月20日、空軍兵士が同氏を逮捕しようとしてリオの自宅に来たため、自分で車を運転し、サントス・ドゥモン空港内の空軍詰め所に赴いたが、それ以降、消息が途絶えた。実際は秘密警察の刑務所に連れて行かれ、そこで拷問死していたが、軍はその秘密を隠し続けた。
 1男4女を抱えて未亡人となったエウニセ氏はそれ以後、夫の死の真相を求め続けた。それは軍政終了後も続き、同氏は「軍政時代の真相究明のヒロイン」として語られるようになった。
 2004年にアルツハイマー症を患ったヱウニセ氏は、以後、公の場に姿を見せなくなったが、2014年2月には、真相究明委員会によりルーベンス氏の拷問死が確認された。
 エウニセ氏が亡くなったのは、軍による政治犯の取締りや拷問の激化を招き、間接的にルーベンス氏らを死に至らせた軍政令第5号(AI5)制定からちょうど50周年にあたる13日だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 戦中の日本人迫害に政府謝罪を!=奥原監督、沖縄県人会に協力依頼=サントス強制立退きを語る2018年3月28日 戦中の日本人迫害に政府謝罪を!=奥原監督、沖縄県人会に協力依頼=サントス強制立退きを語る  「日本移民110周年だからこそ、戦争前後の移民迫害に政府の公式謝罪を」――映画『闇の一日』(2012年)の奥原マリオ純監督は24日、沖縄県人会で催された講演会で、謝罪運動への協力を同会に求めた。重大な人権侵害として1943年7月8日に起きたサントス市からの枢軸国民の2 […]
  • ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載2017年11月22日 ブラジル日本移民史の快挙=サントス強制立退き証言の掲載  《私の一番の苦しい想い出は、姉があの事件のショックで恐怖症を患い、生涯、精神障害で苦しんだことです》――沖縄県人移民塾同人誌『群星(むりぶし)』第3号145頁には、そんな生々しい言葉がおどる。  「あの事件」とは、1943年7月8日、ブラジル政府の命令により24時間 […]
  • サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(下)=礎石になった日立のラック式2017年7月4日 サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(下)=礎石になった日立のラック式  パラナピアカーバのガイド、ゼリアさんから聞いた「ここの鉄道システムは一時期、日本の会社のものだった。その最初の頃に事故が起きて、日本人を含めて何人か死んだ」との話を、食事をした現地レストランの会計ペドロ・デ・ソウザ・マイアさん(59)にもぶつけてみた。すると彼は祖父の […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • ブラジル映画の歴代ベスト100発表=1位に輝いた作品は?2015年12月2日 ブラジル映画の歴代ベスト100発表=1位に輝いた作品は?  11月26日、ブラジル映画批評家協会(Abraccine)が、「映画誕生120周年」を記念し、ブラジル映画の歴代ベスト100のリストを発表した。 それによると、上位10作はこのようになった。 1位リミテ(1931年、監督・マリオ・ペイショット)、2位黒い神と白い悪魔(1964 […]