ホーム | 特集 | 2019年新年号 | 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

与儀会長

与儀会長

 皆様、新年明けましておめでとうございます。
 常日頃より、サンパウロ日伯援護協会(援協)に対し、多大なる、ご支援を賜り、篤く御礼申し上げます。
 昨年7月には眞子内親王殿下のご臨席の下、日本ブラジル移民110周年記念式典が成功裡に開催されましたが、これを契機に日本との関係も従来の「協力関係」から、共に受益者となる「提携関係」への移行がさらに進展していくものと思われます。
 さて、2018年度の援協の運営全般に就きましては、福祉部門(6事業所)及び医療部門(4事業所)共に不祥事や事故もなく、順調に推移いたしました。
 まず、福祉部門では一昨年に日本財団の資金援助で50名収容に増築されたスザノイペランジャホームをはじめ、サントス厚生ホーム、さくらホーム、あけぼのホームは常に殆ど満室状態で入居者の皆さんは快適な住環境の下でゆったりと寛いだ毎日を過ごしておられます。
 又、昨年10月には初の試みとして日系社会福祉4団体フォーラムを主催し、高齢化に伴う日系福祉団体の今後について相互に認識を深め、課題の共有化を図りました。
 一方、医療部門では日伯友好病院は好調な決算が続き、将来の医療ニーズの変化と多様化にも対応すべく、病院業務の拡大・充実のための対策として、病院の拡張工事を行ない、周辺に点在する30余りの診療所を病院本部ビル内に集約、手術センターの拡充、トモグラフィー(CTスキャン)の導入、さらには本部ビル内の配置転換を行ない、機能の効率化と利便性の向上を図るべく、新たなプロジェクトが計画され、一部は既に進行中であります。
 その結果、2013年以降、病院格付け認定機関からは最高認定を授与され、現在もきちんと保持しております。日伯友好病院では常に患者への対応(安全で安心)を第一義とし、さらに上級の病院を目標に国際認定機関(Accreditation Canada )の認定取得を目指しています。
 又、昨年9月には野口泰在サンパウロ総領事をはじめ、日系諸団体の代表者及び関係者の方々のご臨席の下、日伯友好病院創立30周年記念式典が成功裡に開催され、挨拶の中で病院事業の更なる拡充と発展を表明したところであります。
 近年、ブラジルでは公益社会福祉法人認定審査が厳しくなり、これに対応すべく、昨年10月の定期評議員会に於いてあけぼのホーム、さくらホーム、サントス厚生ホーム、やすらぎホーム、奄美事業所の5施設をサンパウロ日伯援護協会から、日伯福祉援護協会に移管することを決議いたしました。
 このように援協はブラジル社会の時流を見据えた組織体制作りを行い、援協精神の原点であります「高齢者及び社会的弱者の救済援護」事業を充実・発展させていくために引き続き、努力・精進してまいります。
 結びに、皆様のご多幸とご繁栄をご祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。

2019年 元旦  
サンパウロ日伯援護協会
会長 与儀 上原 昭雄

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新たな歴史の第一歩を2019年1月8日 新たな歴史の第一歩を  ブラジルへの日本人移民が始まって、今年で111年目。  昨年は移民110周年の節目として、秋篠宮眞子内親王殿下をお迎えし、第21回フェスティバル・ド・ジャポン会場内特設会場で記念式典を開催いたしました。母県からは多くの祝電並びに、18県からは知事を始めとする県民慶祝 […]
  • レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」2018年10月27日 レジストロ=中津川姉妹都市38周年=友好の絆深め再会誓う=杉本会長「20年は岐阜へ」  レジストロ中津川姉妹都市協会(高橋邦彦会長)が主催する姉妹都市提携38周年、レジストロ日本人入植105周年、日本移民110周年を祝う式典が20日晩、レジストロ文協会館で行われ、約130人が盛大にお祝いした。首都からはサムエル・モレイラ連邦下議、岐阜県中津川市から青山節 […]
  • ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて2019年1月9日 ブラジル・ルネッサンス元年=新たな10年の幕開けに向けて  新年あけましておめでとう御座います。この場をお借りし、旧年中の当商工会議所の活動に対する皆様のご支援とご協力に対し、改めて厚く御礼申し上げます。  昨年は移民110周年という記念すべき年であり、各地で様々な催しが開催されました。私自身公私に亘り様々な形で参加させて頂 […]
  • あけましておめでとうございます2019年1月8日 あけましておめでとうございます  ニッケイ新聞読者の皆様、あけましておめでとうございます。  旧年中はブラジル日本文化福祉協会およびブラジル日本移民110周年記念祭典委員会に対し、温かいご理解ご協力を頂き、誠にありがとうございました。  昨年は、ブラジル日本移民110周年を記念する祭典がブラジル各 […]
  • アマゾン日本人移民90周年=トメアスー移住地準備に奔走=会館を改修、記念誌出版へ=第2に日本公園建設の構想も=公立学校に日本語授業導入2019年1月4日 アマゾン日本人移民90周年=トメアスー移住地準備に奔走=会館を改修、記念誌出版へ=第2に日本公園建設の構想も=公立学校に日本語授業導入  ブラジル日本移民110周年の昨年、1年を通して伯国各地の日系社会が盛大に祝った。旧年7月、日本からは眞子内親王殿下がご来伯され、第1回アマゾン移民が入植したパラー州トメアスー郡クアトロ・ボッカス(十字路)を初訪問した。一通り110周年行事も終わり、各地の日系社会がホッ […]