fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える

フラメンゴ=大型補強を立て続けに敢行=DF、MF、FWとセンターラインに代表クラスを揃える

フラメンゴのエヴェルトン・リベイロ(左)とパルメイラスのフェリペ・メロ(右)、今年の全国選手権の優勝争いはこの両チームが中心になりそうだ。(Gilvan de Souza/Flamengo)

フラメンゴのエヴェルトン・リベイロ(左)とパルメイラスのフェリペ・メロ(右)、今年の全国選手権の優勝争いはこの両チームが中心になりそうだ。(Gilvan de Souza/Flamengo)

 今年のブラジルサッカーマーケットは、いつになく高額の引き抜きが発生している。
 サンパウロFCが同じブラジル国内のチーム、アトレチコ・パラナエンセからFWパブロを2660万レアルの移籍金で獲得し、パルメイラスも、エジプトのピラミッドFCからFWカルロス・エドゥアルドを2520万レアルで引き抜いた。
 そんな中、地元リオだけでなく、国内最大のファンを持つといわれるフラメンゴが、立て続けに大型補強に成功した。クルゼイロからはウルグアイ代表MFのアラスカエタ、イタリアのインテルからはサントスFCにレンタル移籍していたFWガビゴールをレンタルで獲得したのだ。
 特にアラスカエタに関しては、フラメンゴからクルゼイロに6370万レアルの移籍金が支払われた。
 それでも、フラメンゴはアラスカエタの経済的権利の75%しか得られず、次に別のクラブに売却(移籍金を受け取っての移籍容認)する時は、その金額の25%はクルゼイロのものとなる。
 この移籍金6370万レアルは、2005年にコリンチャンスがFWカルロス・テヴェスを獲得するためにアルゼンチンのボカ・ジュニオルスに支払った金額の6050万レアルを上回る。
 ガビゴールのレンタル移籍に関しては、フラメンゴ側はインテルにレンタル料を支払う必要はないが、1500万レアルの年俸はフラメンゴが負担する。
 フラメンゴは昨年末も、サンパウロFCからDFロドリゴ・カイオを獲得するために2200万レアルを投じた。昨年7月には、ロシアのCSKAモスクワから、FWのヴィチーニョを4400万レアルで獲得している。(10日付エスタード紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と2019年1月9日 《ブラジルサッカー》サンパウロFC、フラメンゴが補強面でリード=パルメイラスなども着々と  現在のブラジルサッカー界は、まだシーズンオフだ。だが、各州の選手権やリベルタドーレス杯が本格化しはじめるまでのこの束の間の間こそが、フロントにとっては最も忙しい時期となる。向こう1年間の戦力補強のための貴重な時期だからだ。ここでは、ブラジルリーグで目立つ補強についてみていく。 […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表2018年12月19日 日本も出場のコパ・アメリカ2019=日程と試合会場が発表  南米サッカー連盟(CONMEBOL)は18日、来年6月14日に開幕するコパ・アメリカの日程と試合会場を発表した。同大会にはCONMEBOL所属の10カ国に加え、招待国として、カタール、そして日本が参加して行なわれる。  コパ・アメリカは6月14日から7月7日まで、ブラジル国 […]
  • 《ブラジルサッカー》=久々好調のサンパウロFC=リーグ戦折り返し直前首位キープ2018年8月14日 《ブラジルサッカー》=久々好調のサンパウロFC=リーグ戦折り返し直前首位キープ  サッカーブラジル全国選手権1部(ブラジレイロン)で、名門サンパウロFCが好調だ。12日に行われた第18節、アウェイのスポルチ戦で3対1と勝利し、11勝5分2敗の勝ち点38で、17節に続いてトップを堅持した。  サンパウロFCは、2006年から07年、08年3連覇を含 […]
  • 東西南北2018年5月24日 東西南北  本日報じたように、出馬を諦め、後継大統領候補としてメイレレス前財相に期待したテメル大統領。本来ならトップ・ニュースのはずだが、事前から噂が立っていたことも手伝い、報道の扱いは小さいものに。それよりも、トラック業界の起こしたデモによる混乱の方が、報道陣も国民も関心が高いという結 […]