ホーム | ブラジル国内ニュース | 《航空大手》エンブラエル=米ボーイングとの提携、大統領否決せず=「国益は損なわれない」

《航空大手》エンブラエル=米ボーイングとの提携、大統領否決せず=「国益は損なわれない」

エンブラエル社の工場(Sgt. Batista/Ag. FAB)

エンブラエル社の工場(Sgt. Batista/Ag. FAB)

 【既報関連】ボウソナロ大統領は10日、ブラジルの大手航空機メーカー、エンブラエル社が米国のボーイング社と進めていた、「エンブラエル社から商用機部門を切り離して新会社を設立、その会社の株の8割をボーイング社が持つ」というオペレーションを容認する内容をツイートしたと11日付現地各紙が報じた。

 エンブラエル社は国営企業ではない。だが、ブラジル政府は議決権を担保する「黄金株」を所持しているため、ボーイング社との新会社設立オペレーションについては、16日までに政府承認が必要だった。ボウソナロ大統領は先週、新会社設立を認めないかもしれないと発言し、金融市場に緊張が走っていた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ