ホーム | ブラジル国内ニュース | 女子体操のホープ17歳で急死=元ジュニア代表で将来有望も

女子体操のホープ17歳で急死=元ジュニア代表で将来有望も

 ブラジル体操連盟と同サンパウロ支部は16日、女子体操選手、ジャケリーネ・シウヴァ選手の急死を伝えた。
 理由は現在のところ明らかにされていないが、ここ最近、体調を崩していたとの情報がある。
 ジャケリーネはサンパウロ市内の体操クラブ、ピニェイロスに所属し、ジュニア代表のメンバーにも選ばれていた。
 17年に本代表の対象年齢、16歳に達したたばかりで、まだ、本代表には選ばれてはいなかったが、本人はそれを目標に努力を続けていた。
 死因は現在のところ、まだ明らかにされていない。
 生きて代表入りし、五輪出場権を獲得していたと仮定すれば、20年に18歳での東京五輪出場も夢ではなかった。
 ブラジルにとって、体操はロンドン五輪以降、上り調子にある競技でもあり、体操界の関係者は一様に、早すぎる死を嘆いた。(17日付グローボエスポルテなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=昨年の車両盗難は4万台超=多くが東部地区で発生2019年4月24日 サンパウロ市=昨年の車両盗難は4万台超=多くが東部地区で発生  学究機関アルバレス・ペンテアード財団(FECAP)によると、昨年サンパウロ市内で発生した車両盗難事件の多くは同市東部で起こっていたことがわかった。23日付現地紙が報じた。  サンパウロ市内の地域別車両盗難件数上位10区には、1位のサンマテウス(855件)、2位のサポペンバ( […]
  • サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に2019年4月19日 サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に  サンパウロ州で、180年を超える同州の警察組織史上はじめて、性転換を遂げた軍警が誕生し、話題を呼んでいる。  エマノエル・エンリケ・ルナルディ・フェレイラさん(24)は、2015年にサンパウロ州イトゥヴェラーヴァに女性軍警として配属された。当時の名前は「エマノエリー」だった […]
  • サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束2019年4月24日 サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は22日、来年1月にサンパウロ市のモノレール線(15号線)に四つの駅を開通させると宣言した。23日付現地紙が報じている。  開通予定の4駅とは、ジャルジン・プラナウト、サポペンバ、ファゼンダ・ダ・ジュッタ、サンマテウスだ。いずれもサンパウロ […]
  • 《ブラジル》社会保障改革採決近し?=ブラジリア国会前広場への治安部隊出動許可出る2019年4月18日 《ブラジル》社会保障改革採決近し?=ブラジリア国会前広場への治安部隊出動許可出る  セルジオ・モロ法務治安大臣は17日、大統領府安全保障局(GSI)の要請に応じ、首都ブラジリアの国会前広場(三権広場)で国家治安部隊(FN)が活動することを許可した。  この地域には連邦最高裁、大統領府、連邦議会がある。活動期限は17日から33日間で、延長の可能性もある。 […]
  • リオ市80発乱射事件=救助を試みた男性も死亡=被害者家族を助けて11日後2019年4月19日 リオ市80発乱射事件=救助を試みた男性も死亡=被害者家族を助けて11日後  7日午後、リオ市で起きた、陸軍兵の誤認による80発のマシンガン乱射事件で、犠牲者らを救おうとして被弾した27歳の男性が、18日に入院先の病院で亡くなったと同日付現地紙サイトが報じた。  資源回収業を営んでいたルシアノ・マセドさんは7日、リオ北部グアダルーペで、音楽家エヴァウ […]