ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「ボサノバの神様」未亡人家賃未払いで立ち退きへ=夫が最後過ごした高級アパートから

《ブラジル》「ボサノバの神様」未亡人家賃未払いで立ち退きへ=夫が最後過ごした高級アパートから

未亡人立ち退きの件を報じるイストエ誌サイトの一部

 リオ地裁は6日、ボサノバの生みの親の一人として国際的に知られるジョアン・ジルベルトの未亡人に対し、ジョアンが最期の時期を過ごしたアパートからの立ち退き命令を下した。6、7日付伯字紙、サイトが報じている。
 リオ地裁のパウロ・ロベルト・カンポス・フラゴーゾ判事によると、リオ市レブロン区カルロス・ゴエス街にある、ジョアンが最期の時期を過ごしたアパートの家賃の支払いが滞ったままになっているという。

 ジョアンは2019年7月に亡くなったが、借主の名義が娘のイザベル・ジルベルト・デ・オリヴェリラ氏に変更されたのみで、未亡人のマリア・ド・セウ・ハリス氏が生活し続けていた。だが、家賃の支払いがなかったため、今回の判決に至った。
 フラゴーゾ判事の判決文によると、マリア氏は15日以内に自主的に退去しなければならない。それを過ぎたら、強制退去となる。また、イザベラ氏には120日以内に未払い分の家賃の支払い義務が課されている。

【関連記事】
★2019年7月9日《ブラジル》芸術界の巨星相次いで墜つ=〃ボサノヴァ〃の創始者逝く=音楽に造詣深いサロモンも
★2020年2月20日《ブラジル》ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=特別寄稿(坂尾英矩)

image_print

こちらの記事もどうぞ