ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル人登山家の遺体発見=隣国のパタゴニアで消息絶つ

ブラジル人登山家の遺体発見=隣国のパタゴニアで消息絶つ

遺体発見について報じた28日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

遺体発見について報じた28日付アジェンシア・ブラジルの記事の一部

 ミナス・ジェライス州コンセイサン・ド・マット・デントロ市の市役所が28日、アルゼンチンで19日から行方不明となっていたブラジル人の登山家2人の遺体が見つかったと発表した。
 亡くなったのは、ファブリシオ・アマラル氏とレアンドロ・イアノッタ氏の二人だ。
 二人はアルゼンチンのパタゴニアのフィッツ・ロイ山に登った後、天候が悪く、風が強いなどと連絡を入れた後、消息を絶っていた。
 遺体が見つかったのはフィッツ・ロイ山の山頂に向かうラ・シラ山で、市役所は、悪天候に見舞われたのだろうとの見解も発表した。
 イアノッタ氏は、消息を絶つ直前、インスタグラムに、ラ・シラ山の展望は素晴らしいが、強風のために下山を余儀なくされており、空が晴れたら登山を続ける旨を書き込んでいた。
 イアノッタ氏は2013年から、コンセイサン・ド・マット・デントロ市にあるタブレイロと呼ばれる滝のガイドを務めており、ミスター・ビーンの愛称で親しまれていた。同市役所は「ミスター・ビーンは、言い尽くせないほどの多くの思い出と常人には思いもつかないような遺産を残していった。タブレイロの滝を愛す人々は彼の事を忘れない」という言葉で、彼を顕彰した。
 二人の捜索はブラジル登山・登攀(とうはん)連盟も行っていた。二人の遺体が発見されたのは、同連盟が悪天候を理由に捜索打ち切りを決めた25日だったようだ。(28日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く2019年3月8日 ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く  【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が6日、内政に度々干渉したとの理由で在ベネズエラのドイツ大使を「好ましからざる人物」に指定し、国外追放すると発表したと、6、7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  48時間以内の国外退去を命じられたのはマルティン・クライナー […]
  • 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ2019年3月1日 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ      2月25日、ブラジルのベテラン俳優、ジョゼ・デ・アブレウ(72)が自身のツイッター上で突如、大統領就任宣言を行った。  本人曰く、「これは、1月にベネズエラで大統領宣言を行った「フアン・グアイド議長に触発された」とのこと。グアイド氏の […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷2019年3月1日 リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷  2月27日朝、リオ市北部で2台の電車の衝突事故が起き、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。2月28日付現地紙が報じている。  事故が起きたのは2月27日午前6時30分頃で、リオ市北部を走る路線「スーペルヴィア」のサンクリストヴァン駅に停車していた電車に、デオドーロ方面 […]
  • 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加2019年3月1日 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加  サンパウロ総合大学暴力研究センターやブラジル治安フォーラム(FBSP)などのデータによると、18年は暴力に起因する死者が、統計開始以来最大の前年比13%減を記録したと2月27日付G1サイトが報じた。  統計によると、殺人、強盗殺人、傷害致死事件は、07年の4万462 […]