ホーム | ブラジル国内ニュース | 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍

活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍

 昨年逮捕され話題を呼んだ世界的に有名な心霊療法家のジョアン・デ・デウス氏をはじめ、宗教的な性犯罪に対する闘士として知られていた活動家のサブリナ・ビッテンコートさん(38)が2日、自殺と見られる謎の急死を遂げ、大きな話題を呼んでいる。3日付現地紙が報じている。
 サブリナさんの死は2日、スペインのバルセロナで共に生活する長男のガブリエル・バウムさんと、彼女の団体「ヴィチマス・ウニダス」が正式に発表した。その声明では、その死亡原因や経過が説明されず、スペイン当局も死因を調査中だ。
 サンパウロ州出身のサブリナさんはモルモン教の家庭に生まれ、4歳から8歳にかけて教会内で性的虐待を受けて育ち、16歳の時には強姦による妊娠を体験し、中絶も行なっている。
 そうした自らの体験をもとに、サブリナさんは宗教の名の下に性的虐待の被害にあっている女性たちに救いの手を差し伸べる活動をはじめ、「精神的虐待根絶の会」(COAME)の共同運営者になったのをはじめ、こうした運動の代表的な存在となっていた。
 現在ではジョアン・デ・デウス氏をはじめ、「愛のめざめ」教祖のプレム・ババ氏など、ブラジル内で10人を超える、宗教と結びついた性犯罪容疑者の教祖を相手どり、果敢に問題追及をしていた。
 だが、最近では「私は幼いころには犯され、いまは世界中を敵に回している」と語るなど、嫌がらせを受けていることをほのめかす発言を行ない、死の直前に自身のフェイスブックに「マリエーレにもうすぐ会いにいける」と、昨年3月に射殺されたリオ市議の名前を出すなど、自殺を思わせる発言を行なっていた。
 サブリナさんの死は、元人権相のマリア・ド・ロザリア下議(労働者党・PT)をはじめ、女性問題の活動家たちが問題を提示し、波紋を広げている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民2019年6月7日 ネイマールの代役は誰に?=ヴィニシウスやルーカス、ドゥドゥ望む国民  5日の親善試合でかねてから痛めていた右足の靭帯を損傷し、コパ・アメリカの出場がなくなったネイマール。5月末からの強姦疑惑騒動もあったため、「本当に出場できるのか」との疑問はかねてから国民の中にもあったが、それが現実のものとなった。今、サッカーファンやメディアの間では、「誰がネ […]
  • ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行2019年6月5日 ボウソナロ大統領の熱烈支援歌手が自殺=死の直前に妊娠中の愛人に暴行  昨年の大統領選挙期間中、当時大統領候補だった現大統領のジャイール・ボウソナロ氏のキャンペーン・ジングルも担当したことで知られていたファンキ歌手のMCレアサ(26)が1日、サンパウロ州ヴァリーニョスで遺体で発見された。  タレス・ヴォルピ・フェルナンデスことレアサは、1日夜、 […]
  • 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出2019年6月6日 《ブラジル》ボウソナロ大統領=免停ポイントを2倍に緩和?=道路交通法改正法案を提出  ボウソナロ大統領は4日、下院に道路交通法修正法案を提出した。その法案では免停までのポイントが従来の20点から40点に大幅に緩和されるなど、交通事故の増加が懸念される内容となっている。5日付現地紙が報じている。  この修正法案では、免停までのポイントが2倍になるだけでなく、6 […]
  • 《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし2019年6月1日 《ブラジル・ミナス州》鉱山の北側斜面一部崩落=1・5キロ離れたダムは影響なし  【既報関連】鉱山会社Valeはミナス州バロン・デ・コカイス市のゴンゴ・ソコ鉱山の北側斜面の一部が、5月31日未明に崩れたと発表した。同日付現地サイトが報じている。  同鉱山から1・5キロの距離には鉱滓ダム、スル・スペリオルがあり、斜面の崩壊がダムの安全性を脅かす可能性が指摘 […]
  • チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで2019年6月5日 チリでブラジル人の少女2人が事故死=アンデス山脈での土砂崩れで  3日、チリのアンデス山脈の岩山が土砂崩れを起こし、観光で訪れていた7歳と3歳のブラジル人少女が死亡する事故が起きた。3日付現地サイトが報じている。  亡くなったのは、マラニョン州バカバル出身のカーリダ・トラブルシ・リスボアちゃん(3)とイザドーラ・ブリンジェルちゃん(7)で […]