ホーム | ブラジル国内ニュース | ペレの次はネイマール?=サッカー誌のタイトルに異論続々

ペレの次はネイマール?=サッカー誌のタイトルに異論続々

ネイマール(Lucas Figueiredo/CBF)

ネイマール(Lucas Figueiredo/CBF)

 ブラジルのサッカー雑誌プラカールの最新号で、「ネイマール、ペレ以降、最高のブラジル人選手の10年」題された特集号が発売され、多くのサッカー関係者の中で異論があがっている。
 13日に放送されたサッカー番組『セレソン』では、あるジャーナリストが「まあ、そうなんじゃないか」と発言すると、ゲストコメンテーターの元ユーゴスラビア代表MF、デヤン・ペトコヴィッチ(46)が声を荒げて反論、「なんだって! 自分の耳を疑うよ。彼は確かに素晴らしい選手だけど、『ペレ以降、最高のブラジル人選手』と呼ぶにはまだまだ早い。そのポテンシャルはあるけど、少なくとも現役引退までは待つべき、引退した時にどこまで結果を積み上げられているかで考えるべきじゃないか?」と語った。
 ペトコヴィッチはさらに「ネイマールはロナウジーニョより上か? ノー! ロマーリオよりは? ノー! ロナウドよりは? ノー! じゃあ、ジーコよりは? 全く比較にならない!」とまとめた。
 「彼は砂を噛むような思いをして、サッカーに集中すべきなんだ。そして偉大な事を成し遂げなきゃいけない。『プレーの質』だけなら、もう備わっている。でも、ブラジル代表チームが危機に陥った時に、チームを救う活躍をしてタイトルに導けるかは疑問だ」とペトコヴィッチはまとめた。
 ブラジル人はこの手のサッカー談義が大好きで、早速「ペレ以降、最高のブラジル人選手は?」というアンケートも他社が開始した。
 当然ネイマールも候補入りしたが、途中経過では1位ロナウド、2位ジーコ、3位ロマーリオ、4位ロナウジーニョ、5位アドリアーノ、6位マルコス、7位リベリーノに続いての8位だった。(2月14日付ランセ紙サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月8日 東西南北  6日に米国ワシントンDCの連邦議会議事堂で起こったトランプ大統領支持者たちによる暴動事件は、「民主主義を脅かすもの」として全世界的に恐れられ、非難の的となった。だがブラジルで目立った意見は、「これは2022年のブラジルの姿だ」というもの。つまり、ボルソナロ大統領がこの年に行わ […]
  • 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格2021年1月8日 《記者コラム》医療崩壊中のリオで500人のパーティを開こうとしたネイマールの品格  「本当に何歳になっても成長しないな」。年末年始のネイマールの行動を見るにつけ、そう思わざるを得なかった。  ネイマールは2020年の年越しパーティを、医療崩壊中のリオのコンドミニオ(隔離された高級住宅地)で100人以上の招待客を呼んで行った。コロナ禍が世界中で恐れら […]
  • 東西南北2021年1月5日 東西南北  クリスマスから正月にかけて、多くの市や州が海岸の封鎖や期間限定の外出自粛規制強化を行ったため、人混みができた話は少なかった。だが、そうしたムードを破っていたのがネイマール。彼が年越しにリオ州マンガラチーバのコンドミニアム(塀で囲まれ、門番もいる集合住宅)で行ったパーティには1 […]