ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4日、最高裁にブラジルを代表する歌手や俳優、映画関係者が集まり、公聴会を行った。カルメン・ルシア判事は冒頭で「ここは検閲について討論する場ではない」と釘を刺したが、話はそちらの流れに。大御所歌手カエターノ・ヴェローゾは「新しい検閲はもう既にはじまっている」とし、ボルソナロ大統領や現政権による表現の自由への干渉に苦言を呈した。カエターノは、「性の多様性」についての規制がとりわけ強まっていると主張した。最近、映画庁などの人事で大統領寄りの人選が行われていることで緊張感が高まっているが、くれぐれも表現の自由への締め付けのないことを祈りたいところ。
     ◎
 SBT局の社主で司会者のシルヴィオ・サントスが、3日放送の番組の観客とのクイズコーナーで、ナチス・ドイツの敬礼時の決まり文句「ハイル・ヒトラー」を口走り、物議を醸した。これは「ヒトラーの父親の名前は?」との問題に際して思わず口にしたもの。ただでさえ、軍政時代の軍政令5号(AI5)を巡る問題が起きている中でのこの発言は不注意だったか。シルヴィオに対しては、ユダヤ人協会からも抗議の声があがっているという。
     ◎
 3日に解任されたコリンチャンスのカリーレ監督に続き、5日はアトレチコ・パラナエンセのチアゴ・ヌーネス監督(39)の辞任が発表された。同監督は今年、同チームをブラジル杯で優勝させ、若手の有望株を育てていることでも定評があり、コリンチャンスの後任監督の有力候補だったが、年内はどこの監督も引き受けず、来年まで待つという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年1月22日 東西南北  ボルソナロ大統領は21日、世界経済フォーラムの開催されるスイスのダボスに到着した。出発直前は長男のフラヴィオ氏を巡るスキャンダルがブラジル全土を賑わせ、「汚職撲滅」を国民から期待されたボルソナロ一族の信用に傷がついたこともあり、そちらに後ろ髪を引かれるような気持ちでの出発だっ […]
  • 東西南北2021年3月13日 東西南北  サンパウロ州でも医療崩壊が起きはじめ、赤レベルよりもっと厳しい外出自粛規制を行う必要が生じたことは、サンパウロ州民のみならず、全国的に知られている。その最中、大サンパウロ市圏サンカエターノ・ド・スルでは、州の判断を無視し、赤レベルでは営業できないはずの美容院や洋品店、レストラ […]
  • 東西南北2021年3月6日 東西南北  世界的にも有名なブラジルの音楽フェスティバルで、今年9月に開催予定だった「ロック・イン・リオ」が、来年まで延期されることが4日に発表された。1985年にはじまったロック・イン・リオは、ロック・フェスの先駆け的存在で、2011年以降は奇数年に開催。毎回、50万人近い動員を記録し […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]