ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 4日、最高裁にブラジルを代表する歌手や俳優、映画関係者が集まり、公聴会を行った。カルメン・ルシア判事は冒頭で「ここは検閲について討論する場ではない」と釘を刺したが、話はそちらの流れに。大御所歌手カエターノ・ヴェローゾは「新しい検閲はもう既にはじまっている」とし、ボウソナロ大統領や現政権による表現の自由への干渉に苦言を呈した。カエターノは、「性の多様性」についての規制がとりわけ強まっていると主張した。最近、映画庁などの人事で大統領寄りの人選が行われていることで緊張感が高まっているが、くれぐれも表現の自由への締め付けのないことを祈りたいところ。
     ◎
 SBT局の社主で司会者のシルヴィオ・サントスが、3日放送の番組の観客とのクイズコーナーで、ナチス・ドイツの敬礼時の決まり文句「ハイル・ヒトラー」を口走り、物議を醸した。これは「ヒトラーの父親の名前は?」との問題に際して思わず口にしたもの。ただでさえ、軍政時代の軍政令5号(AI5)を巡る問題が起きている中でのこの発言は不注意だったか。シルヴィオに対しては、ユダヤ人協会からも抗議の声があがっているという。
     ◎
 3日に解任されたコリンチャンスのカリーレ監督に続き、5日はアトレチコ・パラナエンセのチアゴ・ヌーネス監督(39)の辞任が発表された。同監督は今年、同チームをブラジル杯で優勝させ、若手の有望株を育てていることでも定評があり、コリンチャンスの後任監督の有力候補だったが、年内はどこの監督も引き受けず、来年まで待つという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(228)2020年3月12日 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(228)  家にはネナと下の三人の子どもしかいなかった。銅像広場のオリヴェイラ先生の中学予備校に通っているツーコ、小学校3年生のヨシコと1年生のジュンジだ。四人は母といっしょに恐ろしいシーンを眺めた。息子を叩きつけながら正輝はうなり声を上げていた。家にマンガを置くことは絶対に許さないと正 […]
  • 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《4》=伯米日系社会に共通した迫害体験2019年5月8日 県連故郷巡りカリフォルニア=150周年、満砂那(マンザナー)に平和を祈る=《4》=伯米日系社会に共通した迫害体験  戦時中のアメリカ本土の二世は、『アメリカ人として国のために戦ってもいい。でも、それなら自分たちをちゃんとアメリカ人として扱い、家族を強制収容所から出して、元の生活に戻してくれ』と反論した。ロッキーさんは「強制収容は憲法違反だと訴え、逆に逮捕されたりしています。その訴え […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • リオ五輪=開会式は世界的に大絶賛=開幕からを振り返る=文化歴史の紹介と音楽好評=メダル1号は射撃のウー2016年8月9日 リオ五輪=開会式は世界的に大絶賛=開幕からを振り返る=文化歴史の紹介と音楽好評=メダル1号は射撃のウー  5日に正式開催されたリオ五輪は、既に多くの熱戦が繰り広げられている最中だ。五輪開会から最初の週末に至るまでの流れを、伯字紙の報道から振り返る。 5日にマラカナン・スタジアムで行われたリオ五輪の開会式は、世界各国のメディアから絶賛を浴び、成功を収めた。 ミシェル・テメル大統領代 […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]