ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル連警》7州と直轄区で26人逮捕=麻薬の国際密輸団を摘発

《ブラジル連警》7州と直轄区で26人逮捕=麻薬の国際密輸団を摘発

 連邦警察は21日、トカンチンス、ゴイアス、パラナ、パラー、ロライマ、セアラー、サンパウロ州の7州と連邦直轄区で一斉に、麻薬組織の摘発作戦を決行。26人が逮捕され、麻薬を国外に運ぶための飛行機47機も押収されたと、21、22日付現地各紙・サイトが報じた。
 麻薬組織は国外産の麻薬をブラジルに、また欧米諸国にも輸送していた。容疑者の中には国際警察インターポールにより国際手配されている者も含まれていた。連警は、「容疑者たちには、麻薬の国際取引、犯罪組織形成、資金洗浄、空港警備員殺害などの嫌疑かかけられている」と発表した。
 約400人の警察が動員されたこの作戦には、ブラジル空軍と、ゴイアス州軍警エアパトロール隊も協力、トカンチンス州パルマス連邦裁判所が54件の逮捕令状、81件の家宅捜索令状を出し、全て執行された。
 パルマス連邦裁判所は、総勢100人の銀行口座の凍結を許可し、13の農場にも、立ち入り禁止措置がとられた。農場には、麻薬を積んだ飛行機の滑走路代わりに使われた痕跡があった。
 捜査によると、容疑者たちは17年半ばから18年末までにかけて、少なくとも400キロの麻薬を飛行機で23回輸送、総重量は9トンを超える。
 この作戦では監視の目をかいくぐり、川を通って麻薬を運ぶために使われた小型潜水艦も押収された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて2021年6月15日 《ブラジル》保健省が献血キャンペーン開始=「世界献血者デー」に合わせて  世界献血者デーの14日、保健省が献血キャンペーンを開始したと14日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  今回のキャンペーンのモットーは、「定期的に献血しよう―皆が一つになれば命が全うできる」で、一人でも多くの人達が定期的に献血を行うように呼び掛けるものとなった。 […]
  • 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう2021年6月15日 《サンパウロ》ボルソナロ大統領が1万2千人バイク大行進デモ=コロナ第3波悪化の懸念の中=マスクなしで罰金食らう  ボルソナロ大統領は12日、マスクも着用せずに1万2千人の支持者を引き連れ、サンパウロ市などでバイク行進デモ「モトシアッタ」を行った。今回のモトシアッタには、最高裁から捜査命令が出されているリカルド・サレス環境相も参加し、物議を醸した。13、14日付現地紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し2021年6月15日 《ブラジル》コロナ感染者と死者が増加=悪化の予想的中=サンパウロ州は接種前倒し  新型コロナの感染第3波への懸念が広がる中、感染学上の第23週(6月6~12日)は感染者と死者が共に前週より増え、保健省も死者増加との見通しを示した。  死者増加は、感染者増や入院患者増、集中治療室の占有率上昇から予想されていた。  ケイロガ保健相は8日、上院コロナ […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]