ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル連警》7州と直轄区で26人逮捕=麻薬の国際密輸団を摘発

《ブラジル連警》7州と直轄区で26人逮捕=麻薬の国際密輸団を摘発

 連邦警察は21日、トカンチンス、ゴイアス、パラナ、パラー、ロライマ、セアラー、サンパウロ州の7州と連邦直轄区で一斉に、麻薬組織の摘発作戦を決行。26人が逮捕され、麻薬を国外に運ぶための飛行機47機も押収されたと、21、22日付現地各紙・サイトが報じた。
 麻薬組織は国外産の麻薬をブラジルに、また欧米諸国にも輸送していた。容疑者の中には国際警察インターポールにより国際手配されている者も含まれていた。連警は、「容疑者たちには、麻薬の国際取引、犯罪組織形成、資金洗浄、空港警備員殺害などの嫌疑かかけられている」と発表した。
 約400人の警察が動員されたこの作戦には、ブラジル空軍と、ゴイアス州軍警エアパトロール隊も協力、トカンチンス州パルマス連邦裁判所が54件の逮捕令状、81件の家宅捜索令状を出し、全て執行された。
 パルマス連邦裁判所は、総勢100人の銀行口座の凍結を許可し、13の農場にも、立ち入り禁止措置がとられた。農場には、麻薬を積んだ飛行機の滑走路代わりに使われた痕跡があった。
 捜査によると、容疑者たちは17年半ばから18年末までにかけて、少なくとも400キロの麻薬を飛行機で23回輸送、総重量は9トンを超える。
 この作戦では監視の目をかいくぐり、川を通って麻薬を運ぶために使われた小型潜水艦も押収された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サントアンドレーで移民の日=26日、市議会が2人を顕彰2019年6月13日 サントアンドレーで移民の日=26日、市議会が2人を顕彰  サントアンドレー日系連合会(喜納ジョルジ会長)は26日夜に、日本移民111周年の慶祝行事を二つ行う。最初に同市議会(ペドロ・ルイス・マットス・カニャシ・ボタロ議長)主催により同本会議場(Praca IV Centenario, 02 - Centro - Santo […]
  • 広島県人会=海軍カレー食べ放題、26日=映画上映会と講演会も2019年1月10日 広島県人会=海軍カレー食べ放題、26日=映画上映会と講演会も  ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)主催の海軍カレー昼食会及び映画上映会、講演会が26日午前10時から、サンパウロ市リベルダーデ区の同センター(Rua Tamandare, […]
  • サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増2019年6月25日 サンパウロ市=路上生活者が2年間で66%増=失業でやむなくの場合も急増  サンパウロ市における路上生活者が、2年間で66%と急増傾向にあると、22日付現地紙が報じている。  これはサンパウロ市社会支援局の資料で判明したものだ。それによると、2018年のサンパウロ市内での路上生活者は10万5367人に達したという。  2016年の同調査では6万3 […]
  • 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻2019年6月25日 《ブラジル》デング熱の死者昨年の倍超す=リオ州はチクングニアが深刻  ブラジル保健省が、6月10日現在のデング熱の患者数は59万6380人で、死者数は366人に達したと発表したと24日付現地紙サイトが報じた。  同省によると、昨年同期のデング熱による死者は139人で、今年は2倍以上になっている。内188人(51・3%)は60歳以上だった。慢性 […]
  • サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開2019年6月22日 サンパウロ市俳優殺人事件=殺害容疑者の手配写真=変装を想定して8種類公開  サンパウロ市市警は19日、9日に俳優のラファエル・ミゲルさん(22)とその両親を殺害したパウロ・クペルチーノ・マチアス容疑者(48)が変装して逃亡している可能性を想定した8枚の手配写真を公表した。20日付現地紙が報じている。  マチアス容疑者は、自身の17歳の娘がラファエル […]