ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長が、マルジナル・ピニェイロスのカステロ・ブランコ方面への高速レーンでのバイクの走行を全面的に禁止する意向を表明した。同道での交通事故の死者を減らすためで、5月までに有効となる見込みだ。インテルラゴス方面は来年から、同様の措置をとるという。また、市内でも特に事故が多い五つの地域の制限速度を時速30キロにすることも考えている。マルジナル・チエテの高速レーンでは既に、バイクの走行が全面的に禁止されている。中央部(地域側のレーン)は、午前5時~午後10時だけ走行できる。交通事故による死者を減らそうとの試みだが、果たして効果は?
     ◎
 サンパウロ市市議会は17日、市内の商業施設におけるプラスチック製ストローの提供を禁じる条例の2度目の投票を行い、承認した。移行期間は180日間で、レストランやホテル、バー、ナイトクラブなどは、代替物を用意するなどして、プラスチック製ストローを排除しなければならない。市民にはおなじみの光景が変わることになるが、これはプラスチック製品を使用することで生まれる資源浪費と、環境を汚すことを防ぐための取り組みだ。新しい習慣に慣れたいところ。
     ◎
 17日に行われたサッカーのブラジル杯第4ラウンド第1戦で、サントスは本拠地ヴィラ・ベルミロでの対ヴァスコ・ダ・ガマ戦に2―0で勝利した。だが、コリンチャンスは敵地サンタカタリーナ州での対シャペコエンセ戦を0―1で落とした。決勝トーナメント進出をかけた第2戦は、24日に行われる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》フラメンゴ、18歳のFWが終了間際に決勝点=2位パルメイラスとのマッチレースは続く2019年11月9日 《ブラジルサッカー》フラメンゴ、18歳のFWが終了間際に決勝点=2位パルメイラスとのマッチレースは続く  11月6、7日にブラジル全国選手権1部リーグ第31節が行われ、2位のパルメイラス、首位のフラメンゴは共に勝利。勝ち点差は8のままで、第32節に臨む。  フラメンゴに先駆け、6日に試合を行ったパルメイラスは、敵地のヴァスコ・ダ・ガマ戦で2対1と勝利。翌7日に試合を行う […]
  • 東西南北2019年4月26日 東西南北  本日付で報じた、文化支援法のルアネー法改正に関し、同法の生みの親のセルジオ・パウロ・ルアネー氏が不満を覚えている。現在85歳の同氏は、コーロル政権下の1991年に文化局長として同法成立に尽力した。「6千万レアルだった上限額が100万レアルになるなど、理屈が通っていない。ブラジ […]
  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]
  • 東西南北2018年8月15日 東西南北  大統領候補のジャイール・ボルソナロ氏が雇っていた「架空の議員職員」とされる人物で、同氏の家庭内労働者の家族とされるヴァルデリセ・サントスさんが、つい最近、解雇されていたことが判明した。彼女はリオ州内でアサイーの店を経営する人物で、ボルソナロ氏の疑惑は今年1月に浮上。以来、この […]
  • 東西南北2018年8月14日 東西南北  このところ、サンパウロ大都市圏内では、携帯電話を目当てにした、青少年に対する強盗殺人が相次ぎ、問題となっている。9日夜にはサントアンドレで、通学途中のパウラ・デ・フレイタス・シウヴァさん(18)が、近づいて来た強盗に携帯を差し出したにもかかわらず、胸を撃たれ、死亡した。翌10 […]