ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 「幽霊候補(ラランジャ)」問題で揺れる社会自由党(PSL)。これまでペルナンブッコ州、ミナス・ジェライス州で問題となっていたが、今度はリオ・グランデ・ド・スウ州でも問題が発生した。それは同党で上議に立候補した企業家のカルメン・フローレス氏が、公金の政党支援金を、自身の娘や孫、自分の企業に横流ししていた疑惑が発覚した。フローレス氏は150万票獲得して4位で落選したが、「当選する気はなく、ボルソナロ氏の大統領選応援のための時間を稼いだだけ」とまで発言しているとか。彼女のために、まじめに考えて票を投じた人のことを考えると、何とも複雑な気持ちだ。
     ◎
 最高裁で先週から「同性愛者嫌悪は犯罪か」の判事投票が行なわれているが、現時点でセウソ・デ・メロ、エジソン・ファキン、アレッシャンドレ・デ・モラエス、ルイス・ロベルト・バローゾ4判事全員が「犯罪」と判断している。これで残り7判事中、もう2判事が賛成すれば過半数を超える。モラエス判事に至っては「信仰の自由の抵触には至らない」と、福音派が反対の理由として主張したがるポイントも否定した。これも福音派支持の強いボルソナロ氏には痛い展開か。
     ◎
 今週末のサッカーのサンパウロ州選手権、注目カードは本日、サンパウロ市アリアンツ・パルケで行なわれるパルメイラス対サントスの一戦だ。ここまで好調で選手権そのものを牽引している両者だが、決勝トーナメントの前の予行演習的な一戦といったところか。コリンチャンスはボタフォゴSP、不調のサンパウロはRBブラジルと明日それぞれ対戦だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]