ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》バス、電車の乗り継ぎは3時間で2回?=ビリェッテの使用に制限

《サンパウロ市》バス、電車の乗り継ぎは3時間で2回?=ビリェッテの使用に制限

 サンパウロ市は23日、市内のバス、電車(地下鉄/CPTM)利用時に使うビリェッテ・ウニコの使用規定の変更を発表した。それによると、通勤用のヴァーレ・トランスポルテ(VT)の利用は「3時間に2回まで」になるなど、利用者に厳しい内容のようだ。26日付伯現地紙が報じている。
 ビリェッテ・ウニコ全体の使用規定変更は5月24日からで、今後発行されるビリェッテは、通常の物もすべて、名前や写真、身分証明書の番号入りとなる。購入時も写真入りの身分証明書や納税番号の提示が必要だ。
 他方、VTに関しては、従来なら「2時間につき4本まで可能」だったバスや電車の乗り換え利用が、「3時間で2本まで」となる。この規定は3月1日に発効する。
 これによると、目的地まで3本の交通機関を利用する場合、従来は「乗り継ぎ割引」が2回効いていたのに、1回しか通用しなくなってしまう。市役所によると、交通機関を3本以上利用する労働者については雇用者が差額分を負担することになっており、労働者の負担は増えないという。
 通常のビリェッテや学生用のビリェッテは、従来通りに利用できる。
 また、従来のビリェッテは使用期限がなかったが、5月24日以降は、5年間という有効期限が設けられる。5月以降は従来のビリェッテにも有効期限が適用される。
 また、ビリェッテに課金された金は5年間有効だったが、今後は1年間に短縮される。
 その一方、新規のビリェッテは、従来のバスや電車以外に、タクシーや自転車レンタル・サービスでも使用できるようになる見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も2019年4月30日 サンパウロ州=来年から学校の休み変更?=7月半減し新たな1週間休も  サンパウロ州は2020年から、学校の休みの時期を分散し、7月の休みを2週間に短縮するなどの新しい試みを行う。27日付現地紙が報じている。  現状では、サンパウロ州内の州立校の休みは、夏季(12月~1月)が45日間で、2月第1週の月曜に新学期開始。冬季の休みは7月に30日間で […]
  • サンパウロ市=昨年の車両盗難は4万台超=多くが東部地区で発生2019年4月24日 サンパウロ市=昨年の車両盗難は4万台超=多くが東部地区で発生  学究機関アルバレス・ペンテアード財団(FECAP)によると、昨年サンパウロ市内で発生した車両盗難事件の多くは同市東部で起こっていたことがわかった。23日付現地紙が報じた。  サンパウロ市内の地域別車両盗難件数上位10区には、1位のサンマテウス(855件)、2位のサポペンバ( […]
  • 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も2019年4月27日 《サンパウロ市》地下鉄=「30日にスト」と労組決定=まだ前日に撤回の可能性も  サンパウロ市地下鉄公社(メトロ)の労働組合は25日に行われた総会で、週明け30日(火)にストを行うことを決定したと、25日付現地紙サイトが報じた。  労組側はスト実施の最終決定は29日に下すとしているが、スト決行の場合、青1号線(ジャバクアラ~トゥクルビ間)、緑2号線(ヴィ […]
  • サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に2019年4月19日 サンパウロ州で初の性転換警察官=女性としての配属から3年かけて男性に  サンパウロ州で、180年を超える同州の警察組織史上はじめて、性転換を遂げた軍警が誕生し、話題を呼んでいる。  エマノエル・エンリケ・ルナルディ・フェレイラさん(24)は、2015年にサンパウロ州イトゥヴェラーヴァに女性軍警として配属された。当時の名前は「エマノエリー」だった […]
  • サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束2019年4月24日 サンパウロ市=15号モノレール線の工事再開=ドリアが来年4駅開通約束  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は22日、来年1月にサンパウロ市のモノレール線(15号線)に四つの駅を開通させると宣言した。23日付現地紙が報じている。  開通予定の4駅とは、ジャルジン・プラナウト、サポペンバ、ファゼンダ・ダ・ジュッタ、サンマテウスだ。いずれもサンパウロ […]