ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》バス、電車の乗り継ぎは3時間で2回?=ビリェッテの使用に制限

《サンパウロ市》バス、電車の乗り継ぎは3時間で2回?=ビリェッテの使用に制限

 サンパウロ市は23日、市内のバス、電車(地下鉄/CPTM)利用時に使うビリェッテ・ウニコの使用規定の変更を発表した。それによると、通勤用のヴァーレ・トランスポルテ(VT)の利用は「3時間に2回まで」になるなど、利用者に厳しい内容のようだ。26日付伯現地紙が報じている。
 ビリェッテ・ウニコ全体の使用規定変更は5月24日からで、今後発行されるビリェッテは、通常の物もすべて、名前や写真、身分証明書の番号入りとなる。購入時も写真入りの身分証明書や納税番号の提示が必要だ。
 他方、VTに関しては、従来なら「2時間につき4本まで可能」だったバスや電車の乗り換え利用が、「3時間で2本まで」となる。この規定は3月1日に発効する。
 これによると、目的地まで3本の交通機関を利用する場合、従来は「乗り継ぎ割引」が2回効いていたのに、1回しか通用しなくなってしまう。市役所によると、交通機関を3本以上利用する労働者については雇用者が差額分を負担することになっており、労働者の負担は増えないという。
 通常のビリェッテや学生用のビリェッテは、従来通りに利用できる。
 また、従来のビリェッテは使用期限がなかったが、5月24日以降は、5年間という有効期限が設けられる。5月以降は従来のビリェッテにも有効期限が適用される。
 また、ビリェッテに課金された金は5年間有効だったが、今後は1年間に短縮される。
 その一方、新規のビリェッテは、従来のバスや電車以外に、タクシーや自転車レンタル・サービスでも使用できるようになる見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少2019年7月23日 サンパウロ市=SUSの利用者増加傾向=景気低迷で保健プラン減少  サンパウロ市の市立病院の救急外来利用者(緊急外来は除く)が、人口増加率を上回るペースで増えていると21日付現地紙が報じた。  市立病院は統一医療保健システム(SUS)が使え、診察や病院内での投薬、検査などは全て無料の上、24時間対応してもらえる。  問題は、受付から診察や […]
  • サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始2019年7月12日 サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始  サンパウロ州の麻疹(はしか)患者がわずか1カ月で303%も増え、サンパウロ大都市圏では11日から新たに5市が予防接種キャンペーンを開始と11日付G1サイトなどが報じた。  サンパウロ州保健局が7日に発表したところによると、麻疹の真性患者(本当に感染していると確認された患者) […]
  • サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去2019年7月16日 サンパウロ州知事、ピニェイロス川浄化計画を発表=120万㎥の滞留物を除去  ジョアン・ドリア、サンパウロ州知事は12日、サンパウロ市西部を流れるピニェイロス川の浄化計画を発表した。13日付現地紙が報じた。  同知事は、2022年までに、徹底したピニェイロス川浄化作戦を実施すると選挙中に公約していた。  具体的な内容は、今後12カ月以内に7050万 […]
  • 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末2019年7月6日 《サンパウロ市》PUCの校舎内で殺人事件=元学生と門番が口論の末  サンパウロ市のカトリック総合大学(PUC)のキャンパスで4日、同大卒業生が刃物で刺されて死亡する事件が起きた。5日付現地紙が報じている。  事件が起きたのはサンパウロ市中央部にある同大学のコンソラソン校舎で、午後4時30分頃、昨年卒業したブルーノ・ダ・シウヴァ・ジニスさん( […]
  • 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火2019年7月11日 《サンパウロ州》一家3人が一酸化炭素中毒死?=暖をとろうとBBQ器具に火  サンパウロ市に隣接するグアルーリョス市で10日の午前0時、家屋の中で、父、母、2歳の男の子の一家3人が死亡しているのが見つかった。同日付現地各サイトが報じている。   3人の遺体が見つかった部屋からは、シュラスコ(バーベキュー)を行うための器具(シュラスケイラ、持ち運び可能 […]