ホーム | 日系社会ニュース | 西森下議=「改革なくして農業発展なし」=農薬規制緩和が今期の課題=伯人労働者の送出支援策提言も

西森下議=「改革なくして農業発展なし」=農薬規制緩和が今期の課題=伯人労働者の送出支援策提言も

カーニバル期間中に訪日して河村建夫衆議とも会談した西森下議(西森下議提供)

カーニバル期間中に訪日して河村建夫衆議とも会談した西森下議(西森下議提供)

 3期目を迎える西森ルイス連邦下議(PR)は、自身が推進する「農薬規制緩和法案(Projeto de Lei N 6299 de 2002)」の議会承認を今年度の目標に掲げている。先月19日に来社した同下議は、その重要性を説いた。また、謝肉祭の期間中に訪日し、麻生太郎副総理兼財務大臣、河村建夫衆議と会談。来月に解禁となる日本の外国人労働者の受入れ拡大施策に伴ない、将来的なブラジルからの労働者流入を見込んだ送り出し支援策の提言も行った。

 

 「この改革なくして、ブラジル農業の発展なし」――西森下議がこう強く意気込んでいるのが、農薬規制緩和法案だ。現行の農薬規制法は1989年に制定されて以降、30年間、殆んど見直しが行われてこなかった。

 現在、許認可待ちの新農薬は約1800件もある。うち95%は新成分を伴なわないものであるにも関らず、許認可には平均8年近くかかる。

 加えて、許認可の窓口が農牧食糧供給省(MAPA)、国家衛生監督庁(ANVISA)、環境・再生可能天然資源院(IBAMA)と三つもあり、非常に煩雑だった。

 この現状を踏まえて、新法案ではMAPAに窓口を一元化。これにより、審査期間を最長2年まで短縮するというもの。

 西森下議は「ブラジルは世界最大の農薬使用国と言われるがこれは誤り。オランダや日本の方が多い。それに使用される農薬のうち80%は綿や砂糖黍などの食卓に並ばない農産物だ」と話し、「ブラジルの農業発展を阻む外国勢力が環境団体を使って規制緩和を妨げてきた背景がある。その一方、国内では無知蒙昧が多い。今後、啓蒙活動を展開する」と説明。

 今法案の重要性について、「反対派は農薬被害がひどくなるような悪質なデマを流しているが、今使っている古い農薬より害の少ない新農薬を使えるようにする法案。新農薬の審査過程を迅速化することで、農業の質、量の向上を図り、国際競争力を高めることを目的とした最良の提案」と強調した。

 一方で、ボウソナロ大統領就任式に出席していた山口泰明衆議(日ブラジル友好議員連盟事務局長)を通じて、安倍晋三内閣総理大臣にブラジル人労働者送り出し支援策の提言をしていた西森下議は、カーニバル期間中に訪日し、麻生太郎副総理らと協議を行った。

 新たな在留資格「特定技能」は4月に解禁され、今後5年間で最大約34万人の受け入れを見込む。当面受け入れ対象国は、アジアを中心とする9カ国のみ。だが本提案は将来的なブラジル対象国入りを見込んだもの。

 全伯の日系団体が訪日就労候補者の選考を行い、国外就労者情報援護センター(CIATE)や日伯協会(IBJ)と協力して、文化、生活習慣に関する事前研修等をするシステムを提言した。

 「言語のみならず、カルチャーショックは大きな問題。それによりデカセギ労働者と地域住民との間に軋轢を生んできた。だからこそ同じことを繰り返さないために、事前に最低限の生活習慣やマナーを身につけることが必要。これは日系団体の活性化の機会にも繋がるはず」と話した。

 最後に今の政界の動向については「新政権はゴタゴタしているが、一年近く経てば安定する。方向性は非常によく、画期的な政策を実現させようとしている。社会保障改革は絶対避けて通れない。それに続くのが税制改革になる」と見通した。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 2008年2月15日 サンパウロ州でも百周年開幕=州内各地から3百人参集=百の記念プロジェクトを発表=「ありがとう」とセーラ知事 ニッケイ新聞 2008年2月15日付け  一月十四日のサンパウロ市、十七日のブラジリアに続き、今月十三日、サンパウロ州でも日本移民百周年の開幕式典が開かれた。会場となったバンデイランテス宮には、州・議会関係者、西林万寿夫総領事をはじめ百周年協会、県人会、州内各地の行政、日 […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 来伯団の皆さん(左から3人目が日比野会頭、左端が松田さん)2014年3月29日 愛知県 犬山商議所一行が来伯=元コチア青年との縁で ニッケイ新聞 2014年3月29日 愛知県犬山市の商工会議所から日比野良太郎会頭、安達英昭副会頭らと、デカセギ支援を行う「南米交流」(愛知県豊橋市)の松田一男代表取締役の計6人が6~11日まで来伯、リオのカーニバル、イグアスの滝などを視察・観光した。 姉妹提携している宮崎県 […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]