ホーム | ブラジル国内ニュース | コパアメリカ2020=開催方式の変更を決定==アルゼンチン、コロンビアの共催が有力

コパアメリカ2020=開催方式の変更を決定==アルゼンチン、コロンビアの共催が有力

 米国マイアミで15日(現地時間)国際サッカー連盟(FIFA)の理事会が開催される。この理事会は、2022年のカタールW杯から、出場国を現行の32から48に拡大するかについて話し合う事が主要な議題だ。

 世界中からサッカー関係者があつまるこの機会を利用して、南米サッカー連盟(Conmebol)も会合を開いた。そこでは、来年の2020年もサッカー南米選手権(コパアメリカ)を開き、その後は4年おきに開催することを決定した。

 コパアメリカの開催国として、米国や豪州、中国などが興味を示していたが、コパアメリカ2020は、南米大陸で行われることも決まった。

 2020年大会は若干開催方式が変更される。Conmebol加盟10カ国に招待の2カ国を加えて行われる事は同じ。だが、今年の大会が4チームずつ3グループに分かれて行われるのに対し、2020年大会は6チームずつ2グループに分かれる。

 一回戦総当りのリーグ戦で、各グループの上位4チームまでがベストエイト進出となり、その後はトーナメント戦だ。

 今年の方式だと、出場チームは最低で3試合が保証されているだけだが、2020年大会の方式だと、出場チームは最低でも5試合戦う事となる。

 大会は2カ国の共同開催で、片方のグループを片方の国で、もう片方のグループを別の国で開催、準々決勝以降の試合は一国で行われる。現在のところアルゼンチンとコロンビアのペアだけが正式に立候補を表明している。

 大会方式の変更により、試合総数も現行の26試合から38試合へと増加。試合数を増やしてその分の収益を上げることをConmebol側は見込んでいる。(14日付、グローボ・エスポルテ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン2019年7月2日 コパ・アメリカ=ネイマール不在で新星が台頭=世界も「リトル・オニオン」と注目のエーヴェルトン  サッカーのコパ・アメリカは2日に準決勝を迎えるが、「この大会で最も飛躍した選手」として、ネイマール不在の穴を埋める活躍を見せているブラジル代表のエーヴェルトン(グレミオ、23)の名前を挙げるメディアが目立っている。  エーヴェルトンは18年のW杯終了後、チッチ新体制 […]
  • チッチに「遊び采配」のすすめ2018年11月23日 チッチに「遊び采配」のすすめ  ベスト8止まりで終わったサッカーのW杯ロシア大会の後、セレソンは現状で6連勝を続けている。数字だけで見ればいい結果を残しているように見えるが、コラム子はこの試合内容があまり好きではない▼なぜか。それはこれらの勝利が、W杯のときとほぼ変わらない陣容でのものだからだ。出場 […]
  • 東西南北2017年12月16日 東西南北  サンパウロ市~パラナ州クリチーバ間をつなぐ高速道として知られるレジス・ビッテンコート高速道の最後の複線化工事が終了し、来週にも正式に使用される見通しだという。この高速道はかねてから交通事故による死者が多い道路として知られていたが、このたび、349キロ~353キロ、356キロ~ […]
  • 巻き返しなるかサンパウロFC=3連覇戦士エルナネスの復帰などで2017年7月22日 巻き返しなるかサンパウロFC=3連覇戦士エルナネスの復帰などで  現在のブラジルのサッカー界は、サンパウロ州の強豪抜きでは語れない。コリンチャンスは全国選手権で独走しており、パルメイラスとサントスはリベルタドーレス杯、コパ・ド・ブラジル(ブラジル杯)で共に決勝トーナメント入りして戦っている。  そんな中、一つ蚊帳の外にあるのがサンパウロF […]