ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領は18日、米国のニュース局フォックス・ニュースのインタビューに答えた。この局は米国ではトランプ大統領寄りの局として有名で、ボウソナロ大統領もそれ故に応じた。だが、ここで大統領は、マリエーレ・フランコ元リオ市議暗殺事件などに関する質問を受けた。質問者は、隣人でもあった殺害容疑者のロニー・レッサ氏や、リオのミリシアと大統領との関係などにも触れたが、大統領は関係を否定した。ボウソナロ氏にとっては、自国での言動や報道のひとつひとつが、瞬く間にブラジル国内はおろか、世界中に広がることを改めて知るきっかけになったのでは。

     ◎

 19日付エスタード紙の表紙を大きく飾ったのは、ボウソナロ大統領の次男カルロス氏がブラジリアの大統領府前に立っている写真だった。「訪米中で不在の父から頼まれた」というカルロス氏だが、職務代行ならモウロン副大統領がいるし、連邦政府にカルロス氏の職務があるわけでもなく、その行為を不思議がられている。父の不在の心配をするよりも、本来のリオ市議の仕事をしてほしいと願う人たちも少なくないはずだが。

     ◎

 ここのところ、ブラジルでも話題になりつつあるボウソナロ大統領の“グル(師匠)”こと、極右思想家のオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏。訪米中の大統領にも一部帯同する様子は、ブラジル国内でも注目された。また、大統領の訪米の前日は、トランプ氏経営のホテルで自身の著書に基づく映画の上映会までやっていたという。その映画「ミラーグレ(奇跡)」は、4月2日にサンパウロ市でも公開される予定だという。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年8月23日 東西南北  20日、市民省文化局のエンリケ・メデイロス・ピーレス局長が辞任した。ピーレス氏は「文化をフィルターにかけようとしている」として、連邦政府が検閲行為を行おうとしていることが直接の原因と説明した。オスマール・テーラ市民相は「検閲など行っていない」と否定したが、「私は市民相や大統領 […]
  • 東西南北2019年8月8日 東西南北  2012年5月に夫である食品大手「与喜」の御曹司だったマルコス・マツナガ氏を殺害、遺体も切断して捨てたことでブラジルの話題をさらったエリーゼ受刑囚が、今月1日から、昼間外出が認められるセミ・アベルトの処分となっていたことがわかった。刑期は19年だったが、模範囚と評価され、セミ […]
  • 東西南北2019年8月17日 東西南北  15日付官報に銃の購入に関する軍の公示が掲載された。それによると、6月に出た大統領令で承認された小銃などは購入が禁じられたが、警察や軍隊だけが持つことが可能だった9ミリ口径や45口径の拳銃などを持つことが認められた。一般市民による購入は官報掲載日から可能となっている。以前出た […]
  • 東西南北2019年8月3日 東西南北  ボウソナロ大統領は1日、電力公社エレトロブラス(EB)の民営化を認める発言を行った。今後は、連邦政府が所有している同社の株式をどのような形で売却するかについての検討が行われる。ベント・アルブケルケ鉱山動力相は、有価証券取引委員会(CVM)に「大統領がEB売却に前向き」と書面で […]
  • 東西南北2019年8月7日 東西南北  元コリンチャンスで前バルセロナのマウコン(22)が3日、移籍先となったロシア・プレミア・リーグ、ゼニトでの初戦、対クラスノダール戦に途中出場した際に、人種差別を受けた。本拠地の同チームのファンたちが、「チームの伝統に従ってくれてありがとう」という当てこすりの垂れ幕を掲げたのだ […]