ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領は18日、米国のニュース局フォックス・ニュースのインタビューに答えた。この局は米国ではトランプ大統領寄りの局として有名で、ボウソナロ大統領もそれ故に応じた。だが、ここで大統領は、マリエーレ・フランコ元リオ市議暗殺事件などに関する質問を受けた。質問者は、隣人でもあった殺害容疑者のロニー・レッサ氏や、リオのミリシアと大統領との関係などにも触れたが、大統領は関係を否定した。ボウソナロ氏にとっては、自国での言動や報道のひとつひとつが、瞬く間にブラジル国内はおろか、世界中に広がることを改めて知るきっかけになったのでは。

     ◎

 19日付エスタード紙の表紙を大きく飾ったのは、ボウソナロ大統領の次男カルロス氏がブラジリアの大統領府前に立っている写真だった。「訪米中で不在の父から頼まれた」というカルロス氏だが、職務代行ならモウロン副大統領がいるし、連邦政府にカルロス氏の職務があるわけでもなく、その行為を不思議がられている。父の不在の心配をするよりも、本来のリオ市議の仕事をしてほしいと願う人たちも少なくないはずだが。

     ◎

 ここのところ、ブラジルでも話題になりつつあるボウソナロ大統領の“グル(師匠)”こと、極右思想家のオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏。訪米中の大統領にも一部帯同する様子は、ブラジル国内でも注目された。また、大統領の訪米の前日は、トランプ氏経営のホテルで自身の著書に基づく映画の上映会までやっていたという。その映画「ミラーグレ(奇跡)」は、4月2日にサンパウロ市でも公開される予定だという。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年8月6日 東西南北  4日、サンパウロ市南西部のショッピング・ブタンタンで、コロナウイルスのPCRテストが無料で行われた。テストは200人ほどに対して行われる予定だったが、希望者が殺到した。午前9時からはじまるところを、一番早い人は深夜0時から、実に9時間も並ぶ人まで現れ、同ショッピングの駐車場も […]
  • 東西南北2020年8月4日 東西南北  リオ市は、1日と2日に市南部コパカバーナ海岸などに繰り出した123人に対して罰金を科すことを発表した。罰金の金額や、どのように科されるのかは詳しくは発表されていないが、市の定める外出緩和規制を破ったためのものだという。リオは全国の中でもコロナウイルスの感染状況が良くなっている […]
  • 東西南北2020年8月5日 東西南北  外出自粛規制が緩和されつつある昨今のサンパウロ市だが、そこにシクロヴィア(自転車専用道)の使用が加わりつつある。3日、シクロヴィアの中でも特に有名なマルジナル・ピニェイロス沿いが再開された。繁華街のピニェイロスから、オフィス街のベリーニ、南部の交通の中継地のサントアマーロなど […]
  • 東西南北2020年7月31日 東西南北  このところ、ネットでの言動を巡り「表現の自由か否か」という問題が話題になっている。フォーリャ紙によると、極右傾向にある人の方が極左傾向にある人より4倍以上ものツイッター・アカウントを凍結されている事がわかった。これは2019年5月から20年6月までにGPSイデオロジコという団 […]
  • 東西南北2020年8月1日 東西南北  7月30日のサッカーサンパウロ州選手権で、サントスはポンチ・プレッタの前に良いところなく1―3と惨敗し、サンパウロに続いて下克上に泣いた。一方、厳しい戦いになると目されていたコリンチャンスは、台頭著しいブラガンチーノを寄せ付けずに2―0で貫禄の快勝をみせた。グループリーグD組 […]