ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボウソナロ大統領は18日、米国のニュース局フォックス・ニュースのインタビューに答えた。この局は米国ではトランプ大統領寄りの局として有名で、ボウソナロ大統領もそれ故に応じた。だが、ここで大統領は、マリエーレ・フランコ元リオ市議暗殺事件などに関する質問を受けた。質問者は、隣人でもあった殺害容疑者のロニー・レッサ氏や、リオのミリシアと大統領との関係などにも触れたが、大統領は関係を否定した。ボウソナロ氏にとっては、自国での言動や報道のひとつひとつが、瞬く間にブラジル国内はおろか、世界中に広がることを改めて知るきっかけになったのでは。

     ◎

 19日付エスタード紙の表紙を大きく飾ったのは、ボウソナロ大統領の次男カルロス氏がブラジリアの大統領府前に立っている写真だった。「訪米中で不在の父から頼まれた」というカルロス氏だが、職務代行ならモウロン副大統領がいるし、連邦政府にカルロス氏の職務があるわけでもなく、その行為を不思議がられている。父の不在の心配をするよりも、本来のリオ市議の仕事をしてほしいと願う人たちも少なくないはずだが。

     ◎

 ここのところ、ブラジルでも話題になりつつあるボウソナロ大統領の“グル(師匠)”こと、極右思想家のオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏。訪米中の大統領にも一部帯同する様子は、ブラジル国内でも注目された。また、大統領の訪米の前日は、トランプ氏経営のホテルで自身の著書に基づく映画の上映会までやっていたという。その映画「ミラーグレ(奇跡)」は、4月2日にサンパウロ市でも公開される予定だという。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年4月3日 東西南北  労働者党(PT)と民主社会党(PSDB)は、ボウソナロ氏当選前まで、熾烈な政権争いを繰り返してきたライバル同士だが、今回のコロナ騒動で歩み寄る姿が話題になっている。それは、ドリア・サンパウロ州知事(PSDB)が軍警を工場に派遣して保健関係者のマスクを大量に獲得させた件に関し、 […]
  • 東西南北2020年3月28日 東西南北  新型コロナウイルスで最も心配されているのは高齢者への感染だが、現在、ブラジルには一人暮らしをしている65歳以上の高齢者が430万人いるという。G1サイトによると、こうした高齢者は現在、家族や隣人、知人に買い物を頼むなどの工夫をし、極力、外出を避ける生活を送っているとか。取材を […]
  • 東西南北2020年4月1日 東西南北  3月30日、ボウソナロ大統領は、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長が記者会見で発言した一部の言葉のみを抜き出して、「健常者は働かなければならない」とツイッターで発言した。大統領は「ほら、WHOだって働かないといけないと言っているだろ」とし、同事務局長の「貧しい […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]
  • 東西南北2020年3月17日 東西南北  ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書 […]