ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 11日、全国各地で、コロナ禍におけて教会で集会を行う自由を求めるデモが行われた。これは最高裁が7、8日の審理で下した、州や市が宗教施設に信者が集まって集会を行うことを禁じることを認める決定に対して、福音派のクリスチャンや、ボルソナロ派の軍事介入支持者が行った抗議行動だ。現在は、世界中を見渡しても1日平均の死者数が1千人を超える国はなく、ブラジルだけが3千人を超えている。国内でさえも、感染を恐れる国民の多くが教会を閉めてほしいと願っているのが現実だ。主要な感染源の一つとみられる教会などでの集会を続けたままで死者を減らすことができるのか。宗教指導者や信者にもコロナの犠牲者は少なくないが、それでも「マスコミの嘘」と言い張るのか。そろそろ現実に向き合わないと、教会のイメージそのものが悪くなると思うのだが。
     ◎
 現在「真の南米一」をかけ、レコパ杯で戦っている最中のパルメイラスは忙しく、11日は「真のブラジル一」をかける「スーペルコパ杯」にも出場した。スーペルコパ杯は全国選手権とブラジル杯の覇者で行われるもので、今回は、前者がフラメンゴ、後者がパルメイラスだ。試合は前半から果敢な点の取り合いとなり、90分が終了した時点では2―2で決着がつかず、PK戦に。PKも白熱したが、パルメイラスは5―6で惜しくも敗れた。悔しいが、まだ南米一のチャンスがある。
     ◎
 コロナ感染症で入院し、かねてから容体が心配されているブラジル屈指の人気コメディアン、パウロ・グスターヴォ。3月13日に入院以来、人工呼吸器や人工心肺装置(ECMO)などを使用し、一時的に容体が改善していたが、週末にかけて悪化し、11日には病院側が「きわめて危険な状態」と発表するまでに。ここ数年間のテレビや映画のヒットを支え、元気いっぱいだった42歳の彼がこの状態とは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 東西南北2021年4月24日 東西南北 □関連コラム□大耳小耳  コロナウイルスによる病床占有率低下に伴い、サンパウロ州では徐々に外出規制が緩和されつつある。18日にはショッピングセンターや一般商店の営業が再開され、宗教施設での集会も認められた。今日24日からは美容院やジム、レストランやバー、公園も再開される。再開 […]
  • 東西南北2021年4月20日 東西南北  16日午後、政治団体「ブラジル自由運動(MBL)」を代表する政治家のキム・カタギリ下議や、サンパウロ州議のアルトゥール・ド・ヴァル、リカルド・メロンの両氏が、大サンパウロ都市圏グアルーリョス市の総合病院を訪れ、17日朝、サンパウロ州保健局が「侵入行為を行い、入院患者たちを危険 […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 東西南北2021年4月16日 東西南北  14日、アルゼンチン政府が、ブエノス・アイレス都市圏の外出規制を16日から強化すると発表した。それによると、20時から翌朝6時までは外出禁止となり、文化、宗教、社会、スポーツ関連の行事が禁止となる。サンパウロ州で現在行っているものと似たような感じか。同国政府によると、「この1 […]