ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》今年の夏は水害による死者が急増 サンパウロ市はこの20年で最大の雨量

《サンパウロ州》今年の夏は水害による死者が急増 サンパウロ市はこの20年で最大の雨量

 20日から暦の上の秋になったが、サンパウロ州ではこの夏、水害による死者が激増したと、21日付現地紙が報じている。

 この夏の3カ月間のサンパウロ州での水害による死者は、サンパウロ市7人、それ以外の市31人の合わせて38人だった。17/18年の死者は、サンパウロ市4人、それ以外の市6人の計10人だったから、3・8倍に増えたことになる。

 死亡原因のトップは大水(洪水や濁流)で、川に落ちたり、濁流に飲まれたりして命を失った人が14人いた。土砂崩れでは10人、落雷では7人、家屋崩壊では4人が犠牲となった。

 また、38人中の14人が、先週はじめにサンパウロ大都市圏を襲い、10日夜から11日朝までの12時間で記録的豪雨を記録した大雨によるものだ。

 また、この夏にサンパウロ市で降った雨は894・3ミリで、1995年の観測開始後では、95~96年に記録した922・4ミリに次ぐ2位だ。つまり、同市では、この20年間で最も雨が降った夏ということになる。この数値は、平年の夏の平均雨量の36・4%増しだった。

 また、この夏の最高気温は2月2日に記録した36・7度、最低気温は1月26日に記録した16・1度で、寒暖差の激しい夏でもあった。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》今年も懸念される水不足=水位低下で不審沈没車15台も発見2020年9月29日 《サンパウロ州》今年も懸念される水不足=水位低下で不審沈没車15台も発見  ブラジル中西部が50年に1度の干ばつと言われ、ブラジリアでは雨が降った後も湿度が10%との報道があるが、雨不足が心配されるのはサンパウロ州でも同様だ。  サンパウロ州では主要な貯水池の水位が下がるなどの懸念材料も出てきているが、水位低下により、思いがけない所で15台 […]
  • サンパウロ市長選が開始!=選挙放送時間で有利な現職=注目されるSNS戦略や虚報対策2020年9月29日 サンパウロ市長選が開始!=選挙放送時間で有利な現職=注目されるSNS戦略や虚報対策  11月15日の投票日に向け、26日に全国市長選の出馬登録が締め切られ、翌27日から選挙運動が幕を切った。サンパウロ市では、10月9日から始まる選挙放送では全時間の4割を現職市長が占有して有利と見られる。だが、選挙運動期間が短いために前評判1位のセウソ・ルッソマノ候補が […]
  • リオ市=来年カーニバルのパレード延期=コロナ禍影響を怖れて=6、7月? 日程は未定2020年9月29日 リオ市=来年カーニバルのパレード延期=コロナ禍影響を怖れて=6、7月? 日程は未定  「リオのカーニバル」がコロナ禍のために延期される事になったと24日付伯字紙サイトが報じた。  エスコーラ・デ・サンバの代表達が24日に満場一致で決めたもの。21年2月のスペシャルグループのパレードは、日程未定のまま延期となった。代表達は、新たな日程は予防接種ワクチン […]
  • 東西南北2020年9月29日 東西南北  サンパウロ市保健局の発表によると、8月31日~9月18日のコロナウイルスによる死者増加率が最も高かったのは西部のヴィラ・ソニア区。死者は96人から137人に41人も増え、42・71%の上昇となった。隣接するモルンビも、47人から62人にと31・91%増えて4位、ピニェイロスは […]
  • 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」2020年9月29日 10月からデカセギ入国再開可?=ユーチューバーらが先走り=管政権発表で期待過熱気味=総領事館「具体的情報なし」  菅新政権は23日から、全世界からの入国を条件付で可能にする緩和を始めることで調整に入ったとの報道が日本で流れた。それを受けて先週から日系ブラジル人ユーチューバーや関連ポルトガル語サイトが誇張した〝解説〟を流し始めている。いつからデカセギは実際に訪日再開できるのか。在サ […]