ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》第2地域裁判事がテメル前大統領らを釈放=勾留の正当性を認めず=前倒しで人身保護令を適用=取調べは継続、口座も凍結

《ブラジル》第2地域裁判事がテメル前大統領らを釈放=勾留の正当性を認めず=前倒しで人身保護令を適用=取調べは継続、口座も凍結

テメル前大統領(Isac Nobrega)

 【既報関連】リオ州のアングラ・トレス原子力発電所建設事業に関する収賄容疑などで、21日に逮捕されたミシェル・テメル前大統領(民主運動・MDB)が、25日に人身保護令適用により釈放されたと、25、26日付現地各紙・サイトが報じた。

 前大統領の釈放を決めたのは、連邦第2地域裁(TRF―2)のアントニオ・イヴァン・アチエ判事だ。前大統領と同じ容疑で逮捕されていた、モレイラ・フランコ元リオ州知事、元軍警のジョアン・バチスタ・リマ・フィーリョ氏ら6人も同時に釈放された。

 前大統領たちには、原子力発電所の建設事業契約に絡むカルテル、贈収賄、資金洗浄、公共事業入札詐欺などの容疑がかけられている。

 テメル氏らの逮捕は、「嫌疑あり、証拠も充分。さらなる捜査が必要だが、証拠隠滅の可能性もあり、『期限を決めずに身柄を拘束』(prisao preventiva)しての取調べを望む」という、連邦検察側の要請を受けたものだ。

 この要請をリオ州連邦地裁のマルセロ・ブレッタス判事が認め、逮捕となったが、「逮捕の根拠が不充分」として弁護側が出した人身保護令を、地域裁判事のアチエ氏が認めた。よって、テメル前大統領らの取調べはこれからも続く。

 釈放命令を出したアチエ判事は、22日に「人身保護令の審理は27日に第1小法廷で」と決めていたが、「週末(23~24日)に精査した。27日まで待つ必要はない」として、前倒し釈放となった。

 「前大統領は、アングラ・トレス関連以外にも過去40年にわたって汚職に手を染めており、受け取った賄賂総額は18億レアル」と発表していた検察は、釈放取り消しを求める意向だ。

 アチエ判事は、「アングラ・トレス建設関連事件は5年前と古い(身柄拘束は事件が最近である事が条件)」、「容疑者たちが社会秩序に危機を及ぼし、捜査を妨害する可能性はない」、「逮捕を認めたブレッタス判事の書面には『~と思われる(推測される)』という言葉が多く出ている」などを、釈放を認めた根拠として挙げた。

 テメル前大統領は、午後6時40分にリオ市の連警本部を後にし、午後9時43分にサンパウロ市の自宅に到着した。また、ニテロイの軍警拘置所に勾留されていたモレイラ・フランコ氏ら6人も釈放された。

 なお、ブレッタス判事による、6260万レアルの資産差し押さえ要請を受け、中銀はテメル前大統領の持つ三つの口座総額820万レアルを凍結した。中銀は、モレイラ・フランコ氏の口座210万レアル分と、ジョアン・バチスタ・リマ・フィーリョ氏夫妻が所有する三つの会社の口座総計2320万レアル分も凍結した。

 なお、金融活動管理審議会によると、リマ夫妻の会社は18年6月から今年1月の7カ月間で1500万レアルを動かしており、検察はテメル氏を中心とするグループに絡む金が最近まで動いていた証拠と見ている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会2019年8月28日 サンパウロ市=「現代美術よ、永遠に!」=ポルチナリらの作品の展示会  サンパウロ市中央部のファロル・サンタンデルで27日、ポルチナリ、ディ・カヴァウカンチ、トミエ・オオタケ、ヴィクトル・ブレシェレといった現代画家の作品展、「コンテンポラネオ センプレ(Contemporâneo, […]
  • 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会2019年8月28日 齋藤真里奈さんが訪伯研修=大阪・聖市姉妹都市協会  齋藤真里奈さん(22、静岡県)が大阪・サンパウロ姉妹都市協会による研修制度で20日に来伯、23日に来社した。先週行われた姉妹都市50周年記念行事にも出席、研修しながら9月2日まで滞在の予定。  齋藤さんは大阪大学外国語学部ポ語専攻3年で、今年2月に行われた同会主催「 […]
  • ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で2019年8月28日 ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で  15年11月5日に起きたミナス州マリアナの鉱滓ダム決壊事故で、エスピリトサント州リニャレス市のドッセ川河口の地形や生態系に修復不能な損失が生じている事が確認されたと26日付現地紙サイトが報じた。  この研究報告は、サンパウロ州立カンピーナス大学(Unicamp)の博 […]
  • 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も2019年8月24日 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も  【既報関連】法定アマゾンやカアチンガなど、ブラジル各地で違法な焼畑や延焼を含む森林火災(ケイマーダ)が急増(18日現在で昨年同期比82%増)し、健康被害や航空機などの運航停止といった影響も出ていると22、23日付現地紙、サイトが報じている。  森林火災の件数は20日 […]
  • アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件2019年8月27日 アマゾン森林火災=G7が消火や植林用資金約束=NGOや住民との協働条件  【既報関連】24~26日にフランスで主要7カ国(G7)首脳会議が開かれ、議長国フランスのマクロン大統領が、アマゾンの森林火災に対処し、その後の再植林を支援する意向を表明し、2千万ユーロ(9100万レアル)の拠出を約束したと25~26日付ブラジル国内紙・サイトが報じた。 […]