ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》南北鉄道の主要区間の建設権入札が行われる=落札Rumoは、穀物輸送を支配するか?

《ブラジル》南北鉄道の主要区間の建設権入札が行われる=落札Rumoは、穀物輸送を支配するか?

 ブラジル政府は現地時間の28日、ブラジル国内を南北に走る貨物列車専用の南北鉄道の、サンパウロ州エストレラ・ドエステ~トカンチンス州ポルト・ナシオナル間1537kmの建設及び経営権の公開入札を行った。

 落札したのはRumo社で、落札価格は政府の設定していた最低価格のほぼ2倍の27億1900万レアルだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も2019年8月24日 《ブラジル》各地で森林火災の影響拡大=健康被害に航空便運航停止も  【既報関連】法定アマゾンやカアチンガなど、ブラジル各地で違法な焼畑や延焼を含む森林火災(ケイマーダ)が急増(18日現在で昨年同期比82%増)し、健康被害や航空機などの運航停止といった影響も出ていると22、23日付現地紙、サイトが報じている。  森林火災の件数は20日 […]
  • 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦2019年8月21日 《ブラジルサッカー》女子代表23人を発表=名将スンドハーゲ氏の初陣はアルゼンチン戦  8月29日と9月1日に行われる親善試合を前に、女子サッカーのブラジル代表メンバー23人が20日に発表された。  6月から7月にかけてフランスで行われた女子ワールドカップで16強敗退に終わったブラジルは、来年の東京五輪に向けて、直近3回の五輪で全て決勝進出(2008年 […]
  • サンパウロ州=サントス港の汚職摘発第2弾=元下議ら21人に逮捕令状2019年8月23日 サンパウロ州=サントス港の汚職摘発第2弾=元下議ら21人に逮捕令状  連邦警察と検察庁、国庫庁、国税庁が22日、サンパウロ州サントス港での汚職摘発の「トリトン作戦」第2弾を敢行し、元下議ら19人を逮捕したと同日付現地紙サイトが報じた。  「トリトン作戦」第1弾は18年10月に実施され、サンパウロ州埠頭公社(Codesp)の総裁、理事2 […]
  • 《ブラジル》港湾施設の共同経営権入札実施=「落札価格より、投資の確約が重要」とインフラ大臣2019年8月15日 《ブラジル》港湾施設の共同経営権入札実施=「落札価格より、投資の確約が重要」とインフラ大臣  サンパウロ州サントス港の貨物集積ターミナル二つと、パラナ州パラナグア港のターミナル一つの、合わせて三つのターミナルの経営権公開入札が13日にサンパウロで行われ、合わせて1億4850万レアルで落札された。  この1億4850万レという落札価格は、事前に予想されていた4 […]
  • 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表2019年8月17日 《ブラジル》フル代表と五輪代表合わせて46人を発表  ブラジルサッカー連盟は16日、9月に行われる親善試合のため、フル代表と五輪代表(22歳以下)の代表選手、合わせて46人を発表した。  まず、フル代表は以下の通り。  〈キーパー〉エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン(パルメイラス)、イヴァン(ポンテ […]