ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 連載小説=臣民=――正輝、バンザイ――=保久原淳次ジョージ・原作=中田みちよ・古川恵子共訳=(75)

連載小説=臣民=――正輝、バンザイ――=保久原淳次ジョージ・原作=中田みちよ・古川恵子共訳=(75)

 1926年、日本政府が沖縄人の移民枠を削減したとき、翁長助成はサンパウロ州の各地に散在する同郷の有力者によびかけ沖縄協会を結成し、その初代会長となった。会の目的は政府の移民枠削減をくつがえすことにあった。
 夜中までつづく集会はリベルダーデ区のホテル東京館で行われた。ホテルの所有者は中村梁三郎という人物で、やはり沖縄人だった。彼はサンパウロに商談でやってくる者、職を探しにくる者、病気の治療にくる者、そうした移民の世話をしていた。病気の場合は医者を紹介し、金銭のもち合わせがない者にはセザリオ・モッタ・ジュニオール街の慈善病院(サンタ・カーザ・ミゼルコルジア病院)に入院させた。
 助成は知識ばかりでなく、親切心にあふれる人間でもあった。正輝房子夫婦を中村梁のホテルに向わせながら、ワクチンがあるのはパウリスタ大通りのパスツール研究所だけだから、できるだけ早く行くように勧めた。
 リベルダーデ大通りで行き先がビラ・マリアナ行きの市電39番に乗ること。市電はそののつづきのヴェルゲイロ街をのぼりきったところで、左に大きくカーブし、ドミンゴ・デ・モラエス大通りに入るが、そこで降りること。パウリスタ大通りはすぐそばで、パスツール研究所はそこから歩いて10分ほどのところだと教えてくれた。
 はじめてパスツール研究所に行った日は運がよかった。リベルダーデ大通りを渡ろうとしたとき、39番の市電が騒音を立てて近づいてきたのだ。二人はそれに乗ることができた。翁長氏の指示に従ったので、道にまようことなくパスツール研究所に到着した。すぐに房子は受付けでタバチンガの保健所で渡された書類を見せた。
 房子のように狂犬病の疑いのある犬に噛まれた者はすぐワクチンを打つ部屋によばれる。噛んだ犬はすぐ殺害されたか、犬の脳を調べるため頭が保管されたか。その脳の検査で狂犬病かそうでないかが判明するのだ。房子ただ、「マットウ カショロ」と犬がすぐに殺されたことしか伝えられなかった。そして、いろいろ質問されたが答えられなかった。
 そんなわけで、用心のため、ワクチンの投与期間が長くなった。医師の指示で臀部に注射するのはだめで、結局、腹に注射することになった。
 「赤ちゃんはどうなるの?」房子はとっさにたずねた。
 ワクチンの副作用で頭が痛くなったり、微熱がでたり、筋肉が痛んだり、疲れを感じたりするかもしれない。けれどお腹の子についてはなにも心配ない。母体にも、胎児にも、ワクチンが必要だとのことだった。
 最初の注射は火曜日だった。次の注射は2日あとで、そのあと2日おきに打たれる。7本の注射だから、結局2週間以上サンパウロに留まることになる。その期間、夫婦はホテル東京館の近くを歩き回った。そのたいはんは、日本食品をうっている雑貨店に足をはこんだ。
 神戸を出港していらい見たこともない品物が並んでいた。すでにブラジルで日本食に欠かせない味噌や醤油が生産され、店頭にならんでいた。そうめんをはじめ、豆腐、こんぶ、かまぼこもあった。また日本人が好きなごぼうもすでに近郊で栽培され、店先を飾っていた。
 金銭の持ち合わせがなく、何も買えなかったが、そういうものがブラジルで手に入ることを知り、「これから先、日本人の移民が多い奥地にもこういった食料品が手頃な値段で出回るのではないか」と彼らは考えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も2020年11月26日 援協=与儀会長4年務め年内勇退=税田清七氏にバトン託す=医療機関で3位の高評価も  10月24日にサンパウロ市のサンパウロ日伯援護協会本部ビル5階で評議会が行われ、2021年から22年度の理事会役員の単一シャッパが承認され、税田(さいた)パウロ清七(せいしち)氏が会長に就任することになった。税田新会長は援協理事会に23年間も所属し、うち6年間は副会長 […]
  • ヒト街点描=没後50周年記念アート?=東洋街に謎の三島由紀夫ポスター2020年11月26日 ヒト街点描=没後50周年記念アート?=東洋街に謎の三島由紀夫ポスター  サンパウロ市の地下鉄リベルダーデ駅周辺に三島由紀夫のポスターが21日頃から大量に貼り出されている。ポスターには「春画」との署名印がされているが掲示者の詳細は不明。  三島由紀夫(1925年~1970年)は戦後の日本文学界を代表する作家の一人。代表作に『金閣寺』『憂国 […]
  • 「ブラジルには人種差別はない」?2020年11月26日 「ブラジルには人種差別はない」?  19日夜、リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで起きた黒人のジョアン・アルベルト(通称ベト)・フレイタス氏死亡事件は、国内外に衝撃を与えたが、正副大統領は揃って「ブラジルには人種差別はない」とのたもうた。  米国は「人種のサラダボウル」(多種共存状態)と言われ […]
  • 《サンパウロ州内陸部》重武装20人組が銀行強盗=深夜に警察と激しい銃撃戦2020年11月25日 《サンパウロ州内陸部》重武装20人組が銀行強盗=深夜に警察と激しい銃撃戦  サンパウロ市から北西に270キロ離れた内陸中核都市アララクアラ市で24日未明、小銃や爆発物などの重火器で武装した約20人の犯罪者集団が銀行強盗を試み、警官と銃撃戦を繰り広げた。  犯罪者達が狙った銀行は、同市中央部にある連邦貯蓄銀行(Caixa)とブラジル銀行だ。 […]
  • 《サンパウロ市市長選》ボウロスが現職コーヴァスに肉薄=8%P差にまで迫る=再び左派政権誕生?2020年11月25日 《サンパウロ市市長選》ボウロスが現職コーヴァスに肉薄=8%P差にまで迫る=再び左派政権誕生?  29日に決選投票を控えたサンパウロ市市長選は、現職のブルーノ・コーヴァス氏(民主社会党・PSDB)と、左派のギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)の差が急速に縮まってきており、余談を許さない状況となってきている。24日付伯字紙サイトが報じている。  ダッ […]