ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 9日、ブラジル・サッカー連盟は、6~7月にブラジルで開催されるコパ・アメリカでのセレソンの第2ユニフォームを発表した。それは、おなじみの黄色と緑のユニフォームの黄色の部分が白に、緑の部分が青になった、ちょっと懐かしい感じのものだ。それもそのはず、これは1952年までセレソンが使っていたユニフォームで、1919年にセレソンが初の国際大会で優勝してから100周年を記念した復刻版だという。1950年の自国開催W杯で起きた「マラカナンの悲劇」で着用されていたことで嫌われていたというが、今や14年W杯での1―7のショックの方が大きいから、白いユニフォームの方が人気が出るかも。
     ◎
 昨日から全国で「H1N1」「H3N2」「インフルエンザB型」の予防接種がはじまった。今年はインフルエンザの流行が早く、既に50人の死者が出ているため、例年より2週間早い実施となった。昨日からの「第一次」の対象は、出産後45日以内の女性や妊婦、生後6カ月~5歳の子供だ。22日からの「第二次」では、高齢者、医療関係従事者、先住民、教師、慢性疾患を抱えている人などが対象となる。接種期間は5月一杯。対象者は機会を逃さないようご注意を。
     ◎
 ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は、2020年の年末までに道路に空いた穴を埋める作業を行うプランを宣言している。ただ、その「空いた穴の数」は実に約54万個。サンパウロ市がいかにこの問題で悩んで来たかがわかる数だ。市が51億レアルの予算を使って改修作業を行う予定だが、くれぐれも「予算の無駄遣い」にならないように。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 東西南北2020年11月12日 東西南北  ボルソナロ大統領に「政界のミック・ジャガー」という、ありがたくないあだ名がつけられはじめている。世界的なロックスター、ミック・ジャガーはサッカーのW杯で応援するチームがことごとく負けるジンクスで有名。それに似ているというのだ。ボルソナロ大統領もここまで、アルゼンチン、ボリビア […]
  • 東西南北2020年11月5日 東西南北  3日に行われた米国大統領選は稀に見る大接戦となり、4日昼現在でも7州で決着がついていない。3日から翌4日朝にかけては、ブラジルでもテレビ、新聞共にこの話題一色。ブラジルの場合、ボルソナロ大統領がトランプ氏を敬愛している関係だけに、同氏が勝利するか否かで対米関係が大きく変わって […]